「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2012年4月17日火曜日

麹町ワールドスタジオ 「原麻里子のグローバルビレッジ」(Ustream 生放送) に出演します(2012年4月18日 21時から放送)



明日の夜、Ustream(ユーストリーム) の生番組に出演します。

2012年4月18日(水)、夜9時(=21時)から、麹町ワールドスタジオ 「原麻里子のグローバルビレッジ」に出演します。

シリーズ「オリンピックイヤーにイギリス通になろう!」の第2回 映画 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』。主演のメリル・ストリープがアカデミー主演女優賞を受賞した映画ですね。

ご一緒するのは、番組の主催者で「英国通」の原麻里子さん(元テレ朝アナウンサー、BBC日本語放送担当)のほか、おなじく社会言語学が専門で「英国通」の Tish Aoki さんです。さまざまな側面から、映画 『マーガレット・サッチャー』について語りあいます

また、いまが「旬」のミャンマーについて、わたしが6分程度まとめて話します。目先の話だけでは見えてこないミャンマーと英国の関係について知りたい人はぜひ。ニュース報道では見えてこない、英国とミャンマーの関係に触れたいと考えています。

番組終了は、21時45分の予定です。

番組の URL は http://www.ustream.tv/channel/kwstudio です。夜9時になったら、放送が開始されます。もちろん視聴は無料(フリー)です。

なお、録画はネットにアップされる予定ですので、当日の生放送をご覧になれない方は、ぜひそちらで視聴していただけると幸いです。録画の情報については、またアップいたします。



<録画はこちらから>

当日の生放送は、http://www.ustream.tv/recorded/21938422 から録画を視聴できます(2012年4月19日)。



<関連サイト>

番組のホスト役・原 麻里子さんは、テレビ朝日でアナウンサー経験をもつ社会人類学者で、出向によって勤務体験もある BBC(英国放送協会)を研究するかたわら、ユーストリームによるインターネット放送の実践も行っている英国通です。著書に、『公共放送 BBCの研究』(原 麻里子/柴山哲也、 ミネルヴァ書房、2011)があります。

原麻里子氏プロフィール(局アナnet会員プロフィール)
http://kyokuana.net/profile/1221875722.html






<ブログ内関連記事>

映画 『マーガレット・サッチャー-鉄の女の涙-』(The Iron Lady Never Compromise)を見てきた


映画 『英国王のスピーチ』(The King's Speech) を見て思う、人の上に立つ人の責任と重圧、そしてありのままの現実を受け入れる勇気

書評 『大英帝国衰亡史』(中西輝政、PHP文庫、2004 初版単行本 1997)

書評 『大英帝国の異端児たち(日経プレミアシリーズ)』(越智道雄、日本経済新聞出版社、2009)-文化多元主義の多民族国家・英国のダイナミズムのカギは何か?
・・同書の第二章でサッチャー夫妻が取り上げられている

書評  『フリー-<無料>からお金を生み出す新戦略-』(クリス・アンダーソン、小林弘人=監修・解説、高橋則明訳、日本放送出版協会、2009)






(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end