「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2013年12月2日月曜日

毎年恒例の玉川大学の「第九演奏会」(サントリーホール)にいってきた(2013年12月2日)-ことしはチャイコフスキーの 『荘厳序曲(1812年)作品 49』


ことしもまた玉川大学の「第九演奏会」にご招待いただいた。毎年恒例の玉川大学の「第九演奏会」(会場はサントリーホール)である。

はや『第九』の季節である。昨年より一週間早い。第九だが、ことしはテノールはふたたび錦織健に戻った。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
◆曲目: チャイコフスキー/荘厳序曲(1812年)作品 49
  L.v.ベートーヴェン/交響曲第九番ニ短調「合唱付」作品125
◆指揮:秋山和慶
◆独唱:大倉由紀枝(ソプラノ)、永井和子(メゾ・ソプラノ)、錦織健(テノール)、木村俊光(バリトン)
◆管弦楽:玉川大学管弦楽団
◆合唱:玉川大学芸術学部合唱団

◆日時:2013年12月2日(月)19時開演(開場18時30分)
◆会場:サントリーホール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ことしは、『荘厳序曲(1812年)』。タイトルの「1812年」とはナポレオンのロシア遠征が行われた年である。いまから200年も前のことだ。作曲されたのは1880年。戦いから68年後である。

クライマックス付近では「ラマルセイエーズ」の調べに乗りながら大砲が使用となっているようだが、さすがにサントリーホールでは大砲を発射することはできない。パンフレットによれば、サンプリング音をパソコンからの出力で代用したとのことだ。日本国内で演奏に大砲を発射できるのは自衛隊の演習場だけだから。

1824年に初演された『第九』が啓蒙思想を反映したものであることは有名だが、フランス啓蒙思想を軍隊のチカラで欧州全域に拡散したのがナポレオンである。ナポレオンのロシア遠征はトルストイの『戦争と平和』に描かれているが、セリフのかなりの部分がフランス語であることが記憶にあるかもしれない。

ナポレオンのロシア遠征はドイツ占領を前提としたものだ。ドイツを通らなければ陸路ではロシアにはいけない。

当時まだ統一されておらず小国分立状態であったドイツにおいて、先進国フランスによる占領は大きなインパクトとなった。これはベートーヴェンでいえば『第九』ではなくむしろ『第三交響楽の英雄(エロイカ)』のテーマである。哲学者ヘーゲルにとってはナポレオンは「馬上の世界精神」とされ、啓蒙主義(Enlightenment)はまさに文字通り「光」(Light)のものであったわけだ。

ロシアにとってはナポレオン遠征軍は戦うべき外敵であった。60万人のフランス軍はロシアで敗走して5千人に減少したという。

ともに後進国であったドイツとロシアとでは、フランスとの距離の近さがその後の歴史を決定していく。ドイツはナポレオン戦争後、約60年でようやく国家統一。しかしその60年後ナチズムの暴威がふるう。ロシアはナポレオン戦争後、1917年には革命によって社会主義国となり、その後スターリンの暴威がふるう。「後進国」ゆえの問題であったといえよう。

クラシック音楽の分野に限定すれば、ドイツとロシアにおいてこそ、深く重い精神性のある音楽がつくられたのは、「後進国」ゆえの苦悩があったからだろう。

そのドイツ音楽、ロシア音楽好きな日本人は、さらにロシアより東方の極東の「後進国」であったが、明治時代以来、西洋音楽は完全に定着し、現在では当たり前のようにきわめて高度な演奏技術を駆使して聴衆を感動させている。

どういう意図で今回の選曲がなされたか知らないが、啓蒙思想と西洋音楽、そして日本というお題でものを考えてみるのも面白い。


(サントリーホール前のカラヤン広場 「光」のアーケード)


『第九』というと、ただちに年末が連想されるが、ことしも玉川大学の『第九』を聴いて、あっという間の一年だったような、早いものだなあという感慨を抱く。

ことしは例年以上に迫力ある「第九」だったのではないかと思った。指揮・演奏・コーラスの三拍子がじつによく融合してパワーをつくりだしていたからだ。指揮者の秋山和慶氏も年齢を感じさせない男性的で雄々しいし、ことしはとくにコーラスの迫力がすごかったように思う。

聴いていてふと思ったのだが、すでにCDで聴いた回数よりも玉川大学の演奏で聴いたほうが多くなっているのかもそれない。


ことし一年を無事に(?)過ごすことができたことを感謝し、そしてまた来年も無事に過ごすことができるよう祈願する次第だ。

それが日本人にとっての『第九』の意義なのであろう。今後も末永くこの慣習は続くことだろう。


<関連サイト>

2013(平成25年度) 玉川大学 第九演奏会(サントリーホール)のご案内 (玉川大学)

Tchaikovsky - 1812 Overture (Full with Cannons) (YouTube動画)
・・『荘厳序曲(1812年)』の大砲使用バージョン。大砲がぶっ放されるので音声に注意!!!





<ブログ内関連記事>

毎年恒例の玉川大学の「第九演奏会」(サントリーホール)にいってきた(2012年12月9日)-ことしはシベリウスの交響詩 『フィンランディア』!

毎年恒例の玉川大学の「第九演奏会」(サントリーホール)にいってきた-多事多難な2011年を振り返り、勇気をもって乗り越えなくてはと思う

今年(2010年)もまた毎年恒例の玉川大学の「第九演奏会」(サントリーホール)に行ってきた

師走の風物詩 「第九」を聴きに行ってきた・・・つれづれに欧州連合(EU)について考える

書評 『指揮者の仕事術』(伊東 乾、光文社新書、2011)-物理学専攻の指揮者による音楽入門

書評 『オーケストラの経営学』(大木裕子、東洋経済新報社、2008)-ビジネス以外の異分野のプロフェッショナル集団からいかに「学ぶ」かについて考えてみる 

映画 『ロイヤル・アフェア-愛と欲望の王宮-』(2012、デンマーク他)を 渋谷の Bunkamura ル・シネマ)で-「啓蒙の世紀」を小国デンマークから見る

書評 『近代の呪い』(渡辺京二、平凡社新書、2013)-「近代」をそれがもたらしたコスト(代償)とベネフィット(便益)の両面から考える
・・フランス革命そのものよりもナポレオン戦争が「近代」のカギであった

讃美歌から生まれた日本の唱歌-日本の近代化は西洋音楽導入によって不可逆な流れとして達成された




(2012年7月3日発売の拙著です 電子書籍版も発売中!)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end