「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2014年3月11日火曜日

「3-11」から3年-鎮魂、それは生かされている者にとって最低限の「つとめ」


「3-11」から3年たった。三日三月三年(みっかみつきさんねん)というが、「3」という区切りは、さすがに違うものを感じる。

この世界は、いま生きている人たちだけではなく、すでに生き抜いて通り抜けていった人たち、そしてこれから生まれてくる人たちによって構成されている。

もちろん、いま生きている人たちも、これから生まれてくる人たちも、いつかは死んでゆくことになる。この日本という「場」を過ぎ去っていく「時間」。

仮初めの現生を生きるのは「死すべき人間」。中学生の頃か、倉田百三の『出家とその弟子』の「序曲」に「死ぬる者」(モータル)を読んで以来、モータル(mortal)心に刻まれてきた。メメント・モリ(Memento Mori 死を忘れるな)である。

3年前の大地震、大津波、原発事故・・・。とても3年たったとは思えないほど生々しい記憶である。たんなる情報だけでなく、体感記憶だからであろう。

大地震は自分自身が体験した。大地震は、自分が立っている大地が揺れるという、まさに実存の根源そのものを揺さぶる恐怖である。地震国・日本に生まれ育ったとはいえ、大地震の恐怖から逃れることはできない。

大津波は直接体験したわけではない。映像や画像でなんども追体験しただけだ。崩れてきた膨大な本の山に生き埋めになるのではないか、もうダメかもしれない気持ちにさえなった。本の洪水と津波に溺死するのではないかと。

福島第一原発の事故はテレビの中継でずっと見ていた。福島から千葉県北西部は離れているが、風向きのため放射能はすぐ近くにまで迫っていた。被曝も覚悟した。

「3-11」から3年たった2014年3月11日。

亡くなった人たちの魂が鎮まることを祈るのは、生き残ったすべての人の務めである。すべての死者のために祈り、生かされていることに感謝する。

鎮魂。 そして合掌。



<ブログ内関連記事>


関東大震災(1923年)以後の日本近現代史

書評 『国の死に方』(片山杜秀、新潮新書、2012)-「非常事態に弱い国」日本を関東大震災とその後に重ね合わせながら考える

書評 『震災復興の先に待ちうけているもの-平成・大正の大震災と政治家の暴走-』(山岡 淳一郎、2012)-東日本大震災後の日本が「いつか来た道」をたどることのないようよう

書評 『成金炎上-昭和恐慌は警告する-』(山岡 淳一郎、日経BP社、2009)-1920年代の政治経済史を「同時代史」として体感する

永井荷風の 『断腸亭日乗』 で関東大震災についての記述を読む

大震災のあと余震がつづくいま 『方丈記』 を読むことの意味

本日(2013年9月1日)は関東大震災から90年-知られざる震災記録ルポルタージュの文庫本2冊を紹介


突発的に襲ってくる危機としての自然災害

「天災は忘れた頃にやってくる」で有名な寺田寅彦が書いた随筆 「天災と国防」(1934年)を読んでみる
・・「文明が進めば進むほど天然の暴威による災害がその劇烈の度を増すという事実」(寺田寅彦)

『緊急出版 特別報道写真集 3・11大震災 国内最大 M9.0 巨大津波が襲った発生から10日間 東北の記録』 (河北新報社、2011) に収録された写真を読む

書評 『津波と原発』(佐野眞一、講談社、2011)-「戦後」は完全に終わったのだ!


大津波

書評 『三陸海岸大津波』 (吉村 昭、文春文庫、2004、 単行本初版 1970年)-「3-11」の大地震にともなう大津波の映像をみた現在、記述内容のリアルさに驚く

書評 『津波てんでんこ-近代日本の津波史-』(山下文男、新日本出版社、2008)


原発事故-福島第一とチェルノブイリ

書評 『官邸から見た原発事故の真実-これから始まる真の危機-』(田坂広志、光文社新書、2012)-「危機管理」(クライシス・マネジメント)の教科書・事例編

書評 『原発事故はなぜくりかえすのか』(高木仁三郎、岩波新書、2000)-「市民科学者」の最後のメッセージ。悪夢が現実となったいま本書を読む意味は大きい

書評 『原発と権力-戦後から辿る支配者の系譜-』(山岡淳一郎、ちくま新書、2011)-「敗戦国日本」の政治経済史が手に取るように見えてくる

「チェルノブイリ原発事故」から 25年のきょう(2011年4月26日)、アンドレイ・タルコスフキー監督最後の作品 『サクリファイス』(1986)を回想する

『チェルノブイリ極秘-隠された事故報告-』(アラ・ヤロシンスカヤ、和田あき子訳、平凡社、1994)の原著が出版されたのは1992年-ソ連が崩壊したからこそ真相が明らかになった!

スリーマイル島「原発事故」から 32年のきょう(2011年3月28日)、『原子炉時限爆弾-大地震におびえる日本列島-』(広瀬隆、ダイヤモンド社、2010) を読む

書評 『コミック みえない雲』(アニケ・ハーゲ=画、グードルン・パウゼヴァング原作、高田 ゆみ子訳、小学館文庫、2011)-ドイツでは親子二代で読み継がれたベストセラー小説のマンガ化

書評 『なぜメルケルは「転向」したのか-ドイツ原子力40年戦争の真実-』(熊谷 徹、日経BP社、2012)-なぜドイツは「挙国一致」で「脱原発」になだれ込んだのか?


鎮魂、そして生かされている者のつとめ

鎮魂・吉田昌郎所長-『死の淵を見た男-吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日-』(門田隆将、PHP、2012)で「現場」での闘いを共にする

不動明王の「七誓願」(成田山新勝寺)-「自助努力と助け合いの精神」 がそこにある!




(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end