「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2014年11月17日月曜日

クレーンはツルである-アナロジーによるネーミング(=類推による命名)


 (東京・お台場のテレコムセンターから)

クレーンとは重量のあるモノをつり上げて、所定の位置におろすための機械のことだ。日本語で起重機というが、一般的に使用されるコトバではない。

一般人がふだん目にするのは、工事現場や建設現場の大型クレーンだろう。一般にラフタークレーンが使用されているが、このタイプのクレーンは、車輪がついた自走式である。クレーン自体を運転して移動させることができる。

港湾施設で活躍しているクレーンは、正式にはガントリークレーンという。コンテナヤードで貨物船とのあいだでコンテナの積み替えを行うための機械である。このタイプのクレーンは据え付け型であり移動はできない。


クレーンはすっかり日本語として定着しているが、そもそもクレーンはどういう意味なのか、どういうスペリングなのか考えることはあまりないのではないだろうか。英語だとクレーンは crane とつづる。Crane を辞書で調べてみよう。

まずでてくる意味は動物のツルだろう。そう、クレーンとはツルのことなのである。起重機のクレーンは、形がツルに似ているので一般名詞でクレーンと命名されたようだ。アナロジーによる命名である。

アナロジーとは類推や類比という意味で、ひらたくいえば、「~のような」を表現するレトリックのことだ。クレーンの例でいえば、起重機は「クレーン(=ツル)のような」形をしているからクレーンとよぶ、ということになる。

身近な例でいえば、コンピュータのマウスは、形がマウス(=ネズミ)に似ているので、マウスと命名されている。実験用のマウスは日本でもマウスとそのまま呼ばれている。

ほかにもさまざまなケースがあると思うので、探してみるといいだろう。

マウスについては、いまでは日本人はネズミのことだとすぐにわかるが(・・ただし、マウス mouse とラット rat の違いまでは認識していないかも)、クレーンがツルのことだとは、なかなか思いつかないかもしれない。

とはいえ港湾のコンテナヤードに設置されているガントリークレーンは、クレーンではあるものの、どう見てもツルという感じではないなあ。

わたしはガントリークレーンを見ると、いつもタカアシガニ(=高脚蟹)を連想してしまうのだが・・・。






PS 日本語には鶴嘴(つるはし)がある

この記事を書いたときには想起していなかったが、日本語には鶴嘴(つるはし)という名称の道具がある。工事現場などで硬い地面などを砕くために使用されるが、先端がとがった形状は、たしかにツルのくちばしのようである。

高度成長期を代表するスポ根アニメの名作 『巨人の星』で、星飛雄馬の父親の星一徹が土木現場で汗水たらしながら働いているシーンを想起するが、現在では重機を使用して掘削を行うのがあたりまえなので、鶴嘴(つるはし)の出番も少なくなった。だが、それでも狭い場所を掘る時には人間の手で鶴嘴を使用することもある。

英語ではツル(=クレーン)のくちばしは吊り上げ機器として、日本語ではツルのくちばしは道具として名称に活かされているわけだ。こういう異文化論(?)は雑学として面白い。

(2015年10月15日 記す)






<関連サイト>

港のエース、ガンマンの絆 クレーン運転士・上圷(かみあくつ)茂 (NHK プロフェッショナル 仕事の流儀) (2014年4月21日 放送)
・・コンテナ輸送に不可欠の業務であるガントリークレーンの操作を行う運転士の仕事


<ブログ内関連記事>

タダノの大型クレーンの商品名ピタゴラス-愛称としてのネーミング

映画 『キャプテン・フィリップス』(米国、2013)をみてきた-海賊問題は、「いま、そこにある危機」なのだ!
・・貨物船とコンテナ

「千葉港めぐり観光船」に乗ってきた-潮風に吹かれて海から京葉工業地帯をみる
・・港湾のコンテナヤード

『ドキュメント アジアの道-物流最前線のヒト・モノ群像-』(エヌ・エヌ・エー ASEAN編集部編、エヌ・エヌ・エー、2008)で知る、アジアの物流現場の熱い息吹

ウサギは英語でラビット? ヘア? バニー??
・・マウスとラットの違いも同様

『前田建設ファンタジー営業部』(前田建設工業株式会社、幻冬舎、2004)で、ゼネコンの知られざる仕事内容を知る

書評 『モリナガ・ヨウの土木現場に行ってみた!』(モリナガ・ヨウ、溝渕利明=監修、アスペクト、2011)-独特の細密イラストによる「関係者以外立ち入り禁止」の「現場」探訪フィールドワーク

(2015年10月15日 情報追加)



(2012年7月3日発売の拙著です)










Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!




end