「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2015年5月23日土曜日

「マリンフェスタ 2015 in FUNABASHI」 に行ってきた(2015年5月20日)-海上自衛隊の「掃海艦つしま」にはじめて乗船

(千葉県船橋市の京葉埠頭に停泊中の掃海艦つしま)

千葉県船橋市の京葉埠頭で開催中の「マリンフェスタ 2015 in FUNABASHI」に行ってきたというイベントに行ってきた(2015年5月20日)。

自衛隊千葉地方協力本部の主催で、「海軍記念日」(5月27日)を記念して開催されるもの。場所は東京湾岸(Tokyo Bay)の千葉側にある京葉埠頭。本日は、「天気晴朗にして、波穏やか」な東京湾。潮風が心地よい。
       
「南極観測船しらせ」(二代目)が碇泊する隣に、海上自衛隊の「掃海艦つしま」が碇泊。本日(2015年5月23日)と明日(24日)の二日間、一般公開されて無料で乗船することができる。約1時間をかけて内部を見学した。

(「つしま」艦内から見た「しらせ」)

掃海艦は、機雷の除去を任務とする艦船。「掃海艦つしま」は1991年に進水した旧型の掃海艦で、2011年には、日本のエネルギー安全保障にとって死活的な意味をもつペルシア湾にも派遣された実績をもつ。ペルシャ湾の地域大国イランが機雷を敷設する可能性がつねに存在するのである。

機雷除去という任務のため、つしまは艦全体が木造(!)である。樹齢200年から300年の米国産の松材から作られているという。日本では最大規模の木造船であろう。

艦内には当直士官たちが配置され、一般人からの質問に気軽に答えてくれる。さすがに東京湾内なので機雷除去の実演はないが、それでも実際に乗艦してみると、雰囲気を感じることはできる。

(掃海艦つしま)

海上自衛隊の掃海能力が米海軍からも高く評価されてきたことは、『海の友情-米国海軍と海上自衛隊-』( 阿川尚之、中公新書、2001)に記されている。太平洋戦争の際、米国によって日本の周囲に敷設されていた機雷の除去に、敗戦後も従事したこともあり、戦前から途切れることなく任務にあたっているのが掃海なのである。

(習志野基地に配備されている地対空ミサイルPAC-3)

このほか、航空自衛隊のパトリオット地対空ミサイル(PAC-3)などの実物が展示されていた。82式指揮通信車、LAV、偵察用オートバイ、81式短SAM、93式近SAMなど。ふだんなかなか目にすることのできない自衛隊の装備を実見できるよい機会となった。
  
売店では早くもオスプレイのおもちゃが販売されていた。米国製である。

(オスプレイのおもちゃ)

なにごとも「百聞は一見にしかず」。一般市民(シビリアン)がミリタリーを知るよい機会である。子どもたちは装備に乗って喜び、若い女性たちも多く訪れている交流イベントである。

(マリンフェスタ2015 in FUNABASHI のポスター)







<関連サイト>

自衛隊千葉地方協力本部 

「マリンフェスタ 2015 in FUNABASHI」 イベント・プログラム

イランによる「ホルムズ完全封鎖」は非現実的-掃海部隊を中東に派遣する前提に誤り (文谷数重 :軍事ライター、東洋経済オンライン、 2015年6月1日)

(2015年6月2日 情報追加)



<ブログ内関連記事>

海上自衛隊・下総航空基地開設51周年記念行事にいってきた(2010年10月3日)

祝! 海上自衛隊創設60周年-2012年10月14日の第27回海上自衛隊観艦式ポスターに書かれている「五省」(ごせい)とは?

陸上自衛隊「習志野駐屯地夏祭り」2009に足を運んでみた


海上自衛隊と米海軍の関係

「日米親善ベース歴史ツアー」に参加して米海軍横須賀基地内を見学してきた(2014年6月21日)-旧帝国海軍の「近代化遺産」と「日本におけるアメリカ」をさぐる

「YOKOSUKA軍港めぐり」クルーズに参加(2013年7月18日)-軍港クルーズと徒歩でアメリカを感じる横須賀をプチ旅行


「海洋国家・日本」

書評 『海洋国家日本の構想』(高坂正堯、中公クラシックス、2008)-国家ビジョンが不透明ないまこそ読むべき「現実主義者」による日本外交論
・・「海洋国家」日本にとっての日米安保体制の意味

マンガ 『沈黙の艦隊』(かわぐちかいじ、講談社漫画文庫、1998) 全16巻 を一気読み


巨大木造船

「夢の島」にはじめて上陸(2014年11月15日)-東京都江東区の「夢の島」に日本戦後史の縮図をみる
・・マーシャル群島で米国の水爆実験の死の灰を浴びて被爆した第五福竜丸が展示されている。第五福竜丸は総トン数140トン、全長約30メートル、高さ15メートル、幅6メートル。これだけ大きな木造船はなかなかない


しらせ

南極観測船しらせ(現在は SHIRASE 5002 船橋港)に乗船-社会貢献としてのただしいカネの使い方とは?
・・しらせは海上自衛隊の艦船である




(2012年7月3日発売の拙著です)











Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!




end