「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2015年10月30日金曜日

スワンがゆく-日本人にとって白鳥とは?


一昨日(2015年10月28日)のことだが、東京の日比谷から神保町まで歩いた。最短距離は皇居のお堀端の東側の右サイドの通行となる。

首都東京を代表する新生・東京駅の駅舎や、日本を代表する金融街の摩天楼を右目に見ながら歩いていくと、皇居を過ぎたあたりのお堀で白鳥が2羽すいすいと泳いで移動してくるのが目に入った。

おお、もう白鳥が飛来しているのか!! まだ10月末なのに。

純白の白鳥は、ほんとうに美しい。きわだって美しい。さまざまな渡り鳥が飛来してくる日本だが、そのなかでも白鳥は頂点に立つ存在だ。

白鳥は、『古事記』のヤマトタケル以来、日本人には親しい存在だ。いわゆる「白鳥伝説」である。ヤマトタケルは大和に戻る途上で無念の死を迎えるが、辞世の歌を詠んだあと、死後その魂は白鳥となって大和に向けて飛んでゆく。じつに美しい神話ではないか!

だが、現代に生きる日本人は、白鳥はなんだか西欧的な印象さえあわせもつ。日本人は、近代になってから西欧文明と接触するようになったわけだが、ロシアバレエの「白鳥の湖」などの芸術作品を受け入れてから、白鳥はなんだか西欧的な印象さえもつようになった。その延長線上に『白鳥麗子』という少女マンガのキャラクターが生み出される。

日本に住んでいると、当たり前のように思っていることだが、世界的にみれば必ずしもそうではない。当たり前のように白鳥を目にすることのできる環境に生きてきたことは、大いに感謝すべきことだろう。

白鳥は、ほんとうに美しい。じつに美しい。






<ブログ内関連記事>

バレエ関係の文庫本を3冊紹介-『バレエ漬け』、『ユカリューシャ』、『闘うバレエ』 ・・日本のバレエはまずロシアから、その後フランスから

バイエルン国王ルードヴィヒ2世がもっとも好んだオペラ 『ローエングリン』(バイエルン国立歌劇場日本公演)にいってきた-だが、現代風の演出は・・・
・・ルートヴィヒは自らを「白鳥の騎士」ローエングリンになぞらえていた

船橋大神宮で「酉の市」・・商売繁盛!を祈願 (2009年12月の酉の日)
・・「酉の市」の背後にあるヤマトタケルの白鳥伝説。辞世の歌はまさにスワンソング(白鳥の歌)

書評 『オーラの素顔 美輪明宏のいきかた』(豊田正義、講談社、2008)-「芸能界」と「霊能界」、そして法華経
・・ヤマトタケルがクマソタケルを討つ際に「女装」したという神話が日本にはある




(2012年7月3日発売の拙著です)










Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end