「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2016年4月12日火曜日

『マンガ 重版出来』がドラマ化(2016年4月12日)-マンガが原作のテレビドラマはいまや主流だ


マンガ『重版出来』(松田奈緒子、小学館)がTVドラマ化。TBS系列で今夜22時より毎週火曜日放送。楽しみです。

出版社のマンガ編集部を舞台にした「仕事マンガ」です。このマンガは面白い! すでに最新刊は「7巻」。ストーリーの面白さだけでなく、綿密な取材(・・取材先は出版元の小学館ですね)にもとづいたディテールが読ませます。


ちなみに『重版出来』と書いて「じゅうはん・しゅったい」と読みます。「じゅうはん・でき」ではないので、くれぐれも注意!(・・というわたしも「でき」だと思ってました。日本語はむずかしい)

セリフ以外のすべてを画像で表現するマンガはディテールまで書き込まなければリアル感が出ないので、執筆にあたっては小説作品以上に徹底した取材が求められることが当たり前。

このマンガは、マンガ出版という特殊(?)な世界が舞台ですが、幅広く出版業界の中身を知るにはかっこうの仕事マンガといえるでしょう。





PS それにしても主人公・黒沢心を演じている黒木華と、編集者・五百旗部を演じているオダギリジョーはそっくりだ。(ドラマをみてからの感想)


<関連サイト>

火曜ドラマ『重版出来』 公式サイト

「私が売らなくてごめんなさい」から始まった『重版出来!』 (編集長・高橋由里が会いたかったこの4人 Vol.3 松田奈緒子)(東洋経済オンライン、2016年7月)

(2016年7月16日 情報追加)


<ブログ内関連記事>

『重版出来!①②③④⑤~』(松田奈緒子、小学館、2013~)は、面白くて読めば元気になるマンガだ!

2015年の年末に「異種ジャンル」のマンガをまとめ読み

マンガ 『プロデューサーになりたい』(磯山晶、講談社、1995)-人気TVドラマを生み出してきた現役プロデューサーがみずから描いた仕事マンガ
・・テレビドラマ制作の世界を現役のプロデューサー自身が描いたマンガ

働くということは人生にとってどういう意味を もつのか?-『働きマン』 ①~④(安野モヨコ、講談社、2004~2007)
・・雑誌編集の世界を描いたマンガ




(2012年7月3日発売の拙著です)









Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end