「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2017年1月14日土曜日

ドラマ 『忠臣蔵の恋-四十八人目の忠臣-』(NHK 土曜時代劇)-実在の女性を主人公にしたこの物語は「討ち入り」から先も続く


「忠臣蔵」というドラマは、12月の年中行事のような存在だが、どうしてもついつい見てしまう。日本人のDNAに深く刻み込まれてしまっているのだろうか。

ドラマ 『忠臣蔵の恋-四十八人目の忠臣-』(NHK 土曜時代劇)は、四十七士の一人と恋をした実在の人物を主人公に、女性視点で忠臣蔵を描き直す画期的な試みだ。

主人公の「きよ」を演じる武井咲の演技がまたすばらしい。あの時代の若い娘になりきっている。時代劇は舞台を過去に設定した現代劇ではあるものの、登場人物は、立ち居振る舞いから言葉遣いに至るまで時代考証をに基づいた制約条件が多いので、演ずるのはなかなか大変なものがあることだろう。

それにしても驚くのは、「きよ」という女性が実在したことだ。原作は、『四十八人目の忠臣』(諸田玲子、集英社文庫、2014)だが、著者の創作した人物ではないのだ。もちろん小説作品であり、さらにそのドラマ化であるから、現代人の視点による無意識なバイアスや意識的な脚色もあろうが、このような女性が実在したということは、驚き以外のないにものでもない。

討ち入りが行われたのは元禄時代。五代将軍・徳川綱吉の治世の末期西暦でいえば1702年。18世紀初頭である。この前後に日本で起こった事件は、討ち入りの年に発令された「物価引き下げ令」がある。ときは「元禄バブル」だっったわけだ。6年後にはイエズス会宣教師のシドッティが密入国して逮捕された事件。このときはすでに綱吉は死んでおり、新井白石が幕政を実質的に動かしていた。

忠臣蔵といえば、討ち入りをもってクライマックスを迎え、その余韻を残したままドラマが終わるというのが定番だが、この『忠臣蔵の恋-四十八人目の忠臣-』においてはそれはあくまでも第一部、のクライマックスであり、「その後」が第二部として重要なのである。


なんと主人公のきよが「大奥」に入ることになるのだ。しかも、これは想像力の産物ではなく、実際の史実というのだから二重に驚きなのだ。

幕末から明治時代に生きた福沢諭吉に「一身にして二生を経る」というフレーズがあるが、「きよ」の場合もまた、討ち入りとその後の将軍の代替わりという時代の転換期と、「討ち入り」前後の自分の人生の転換期が重なっていたのである。これほど、ビフォア&アフターの異なる人生もなかなかないのではないか。

いよいよ、2016年1月28日放送の第16回「側室候補」から、きよは大奥に入ることになる。なぜ大奥に入る決断をしたのか? その理由は、ドラマを見てのお楽しみ。

「四十八人目の忠臣」のあらたなミッションが始まる。(全20回)。






<関連サイト>

『忠臣蔵の恋-四十八人目の忠臣-』(NHK 土曜時代劇) 公式サイト

忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~ 原作・諸田玲子先生に 雪のお江戸で直撃インタビュー!(NHK公式サイト)


<ブログ内関連記事>

「イフ」を語れる歴史家はホンモノだ!-歴史家・大石慎三郎氏による江戸時代の「改革」ものを読む

書評 『歴史人口学で見た日本』(速水融、文春新書、2001)-「徹底的に一般庶民の観察に基礎をおいたボトムアップの歴史学」の醍醐味を語る一冊




(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end