「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2014年9月17日水曜日

書評 『世界を動かす聖者たち-グローバル時代のカリスマ-』(井田克征、平凡社新書、2014)-現代インドを中心とする南アジアの「聖者」たちに「宗教復興」の具体的な姿を読み取る


「宗教復興」の大きな流れのなかにある南アジア。本書はインドを中心にネパール、チベット、そして在外インド人まで含め、そのなかで圧倒的な存在感をもっている「聖者」たちと、それを受け入れる側の双方からその動きを描いたものだ。

取り上げられている「聖者」は、大きくわけて二つに分類される。本人自身が「聖性」を帯びている「聖者」と、本人には「聖性」があるという認識がないのにかかわらず「聖者」として崇められる人たちである。

前者は、いわゆる文字通りの「聖者」であり、生き神や化身(=アヴァター)タイプである。具体的にはネパールの生ける女神クマリ、チベットのダライ・ラマ14世、サティヤ・サイ・ババ(・・いわゆるサイババ)が取り上げられている。もちろん本人自身に「聖性」があるとしても、それを受け入れる側における「聖者信仰」が不可欠であることはいうまでもない。

後者には、社会活動家が取り上げられている。具体的には狭義の社会活動家のアンナー・ハザーレー、ヨーガ・マスターのババ・ラームデーヴ、憲法の父でインド新仏教の父となったアンベードカルが取り上げられている。彼らは生き神や化身というよりも、司祭・預言者タイプである。

読んでいて興味深いのは、本人には「聖性」があるという認識がないのにかかわらず「聖者」として崇められる社会活動家たちのほうだ。

アンナー・ハザーレーはガンディーの再来のような存在で、その清廉潔白で倫理的な生き方は、本人の意志にかかわりなく「聖者」として崇められるだけの宗教性を帯びている。あまりにも酷い現代インドの政治の汚職や腐敗に対して、たびたび公開の場での「断食」を実行して、政府に改革を迫り、じっさいに政治を動かしている。

ヨーガ・マスターのババ・ラームデーヴは、健康志向の高まる一般のインド人向けにヨーガを近づきやくした導師(グル)で、聖俗のあわいに存在するインド的な「聖者」である。倫理性には疑問が突くその存在は、社会活動家アンナー・ハザーレーとは真逆のタイプである。

項目として立てられてはいないが、シルディ・サイ・ババ、ヴィヴェーカーナンダ、ガンディーといった「聖者」が本書には登場する。そういった過去の植民地時代のインドの「聖者」と、グローバル資本主義時代の現代インドの「聖者」たちを比較すると、おのずから現代という時代の「宗教復興」の姿がみえてくるわけだ。この点にかんしては、『インドの時代-豊かさと苦悩の幕開け-』(中島岳志、新潮社、2006)を合わせて読むといいだろう。

現代の「聖者」たちは、二項対立の関係にあるグローバリゼーションとナショナリズム、聖と俗、宗教と政治との結節点に存在する。いまという時代の「聖者」がスポーツ選手などカルト的崇拝の対象となる「セレブ」に似てくるのは、ある意味では当然といえるかもしれない。

「近代のなれの果て」に新たな宗教性が拡がりつつあるのは、個人にとってのスピリチュアリティの重要性が増しているからであり、「宗教のるつぼ」というべきインドもその例外ではない。本書には言及がないが、日本生まれのレイキ(reiki)なども現代インドでは人気がある。

タイトルが、『世界を動かす聖者たち-グローバル時代のカリスマ-』となっているが、対象はあくまでも南アジア、とくに現代インドの事例に限定されている。グローバルレベルのカリスマに該当するのはダライラマ14世だけであるが、それ以外の登場人物はインド通でもなければ耳にしない名前である。その意味では面白く読むことが出来た。

個人的には、社会活動家のアンナー・ハザーレーをもっと深掘りすると、現代インドの宗教と政治のかかわりがよく見てくるのではないだろうか、と思う。アンナー・ハザーレーにかんしては、日本語の文献は存在しないようなので、ぜひ著者も含めた誰かに、単行本を書いていただきたいものと思う。





目 次 

はじめに
第1章 近代化と聖者
第2章 クマリ-生ける女神の伝統は現代を生き残れるか
第3章 ダライ・ラマ14世-活仏はチベットと世界をつなぐ
第4章 サティヤ・サイ・ババ-奇跡を起こす地上の神
第5章 アンナー・ハザーレー-世俗の活動家が宗教的カリスマを帯びるまで
第6章 ババ・ラームデーヴ-人騒がせなヨーガ・マスター
第7章 アンベードカル-菩薩となった憲法の父
おわりに
参考文献


著者プロフィール
井田克征(いだ・かつゆき)
1973年高崎生まれ。インド・プネー大学への留学を経て金沢大学大学院社会環境科学研究科修了。博士(文学)。現在、金沢医科大学など非常勤講師。専門は南アジア宗教史、ヒンドゥー教思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)。




<関連サイト>

The lotus leaders Narendra Modi, India's prime minister, leads the world in a demonstration of Indian cultural power (The Economist,Jun 21st 2015 | DELHI | Asia)
・・インドが主催して第一回開催にこぎつけた6月21日の「国際ヨガデー」(International Yoga Day)にかんする記事。インドがその「ソフトパワー」として売り出そうとしている対外的イメージ向上策

(2015年6月24日 項目新設)



<ブログ内関連記事>

インド文明とインド文化

梅棹忠夫の『文明の生態史観』は日本人必読の現代の古典である!
・・インド世界と中東という「中洋」の発見

「ナマステ・インディア2010」(代々木公園)にいってきた & 東京ジャーミイ(="代々木上原のモスク")見学記

インド神話のハヤグリーヴァ(馬頭) が大乗仏教に取り入れられて馬頭観音となった

タイのあれこれ(17) ヒンドゥー教の神々とタイのインド系市民

エコノミー(=サード・クラス)利用で、お金を一銭もかけずに、ちょっとだけ特別扱いされる方法
・・インドのベジタリアンについて


インド社会の問題

大飢饉はなぜ発生するのか?-「人間の安全保障」論を展開するアマルティヤ・セン博士はその理由を・・・

アマルティア・セン教授の講演と緒方貞子さんとの対談 「新たな100年に向けて、人間と世界経済、そして日本の使命を考える。」(日立創業100周年記念講演)にいってきた

書評 『巨象インドの憂鬱-赤の回廊と宗教テロル-』(武藤友治、出帆新社、2010)-複雑きわまりないインドを、インドが抱える内政・外交上の諸問題から考察

アッシジのフランチェスコ (4) マザーテレサとインド

書評 『マザー・テレサCEO-驚くべきリーダーシップの原則-』(ルーマ・ボース & ルー・ファウスト、近藤邦雄訳、集英社、2012)-ミッション・ビジョン・バリューが重要だ!


アンベードガル博士とその後継者

書評 『男一代菩薩道-インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺-』(小林三旅、アスペクト、2008)-こんなすごい日本人がこの地球上にいるのだ!
・・インド在住40年、新仏教の創始者アンベードカル博士の衣鉢を”勝手に”継いだ日本人僧侶・佐々木秀嶺の波乱万丈の人生

書評 『必生(ひっせい) 闘う仏教』(佐々井秀嶺、集英社新書、2010)-インド仏教復興の日本人指導者の生き様を見よ!
・・インド社会の底流にあるどす黒い現実に目を向けるという意味でも必読書


ダライラマ14世

「ダライ・ラマ法王来日」(His Holiness the Dalai Lama's Public Teaching & Talk :パシフィコ横浜 2010年6月26日)にいってきた

「チベット蜂起」 から 52年目にあたる本日(2011年3月10日)、ダライラマは政治代表から引退を表明。この意味について考えてみる





(2012年7月3日発売の拙著です)











Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!





end