「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2019 禁無断転載!



2019年11月9日土曜日

書評 『三体』(劉慈欣、大森望/光吉さくら/ワン・チャイ訳、立原透耶=監修、早川書房、2019)-このSFはたしかにすごい!


「これはすごい!」として、いま日本で評判になっているという『三体』をついに読了。購入してから3ヶ月、昨日から読み始めて、本日は最後のページまで一気読みで読了。

「たしかに、これはすごい!」としかいいようがない作品だ。

異星文明における「地球外知的生命体」との接触というテーマだが、スケール感がぜんぜん違う地球がその一部である太陽系とは別の、太陽が3つある「三体世界」を舞台の一つにするという構想力。文化大革命時代から始まる中国現代史、天体物理学、ナノテクノロジーなどの科学技術を踏まえた重厚な世界観。いや、宇宙観というべきか。

『三体』(早川書房)は、中国のSF作家・劉慈欣(りゅう・じえん/リウ・ツーシン)氏によるSF大作。2006年に雑誌連載し、2008年に出版された作品だ。三部作の第1作で、2019年7月に出版された日本語訳によれば、中国では三部作合計で2,100万部(!)、英語訳は100万部を越えているとのことだ。英語版は、オバマ前大統領も絶賛という。

スケールが超弩級で、その構想力の大きさに圧倒されるだけではない、「三体世界」を舞台にしたVRゲームのコンテンツも重要な構成要素で、エンターテインメントとしても一気読みさせるものがある。 ディテールの描き込みも精緻で(ただし、天体物理学にかんしては、私には検証しようがないが・・)、しかも人物の描き方に、作家の人生経験が豊富であることが容易に想像される。略歴を見ると、1963年生まれなので、自分とは同世代だ。

こういう超大作が生まれてくる現代中国は、政治状況とは別に、注目しなくてはならないと、あらためて深く感じている次第。現在の日本で、中国SFが注目されているという理由もよくわかる。

途中で挫折している読者も多いと聞いているが、途中から俄然面白くなる作品だと言っておこう。読むに値するSF作品である。

日本語版で400ページ強あるが、これが三部作の第1作だというから、さらに驚きだ。そしてまた、続編を読むのが楽しみだ。








<ブログ内関連記事>

映画 『ブラックパンサー』(2017年、米国)を見てきた(2018年4月1日)-アフリカの架空の国を舞台にしたこのスーパーヒーローものSFアクション娯楽大作映画は、時代の流れを間違えなく変える想像を絶する傑作だ!

映画  『アバター』(AVATAR)は、技術面のアカデミー賞3部門受賞だけでいいのだろうか?

映画 『猿の惑星』の原作は、波乱万丈の前半生を東南アジアで送ったフランスの作家が1963年に発表したSFである


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)








Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!









end

2019年11月7日木曜日

なんと、こんな季節に千葉県北西部で「野生化」したスイカを発見!(2019年11月7日)


昨日(2019年11月6日)のことだが、仕事で移動中、昼食時間帯に千葉県北西部でとあるコンビニで休憩していたら、同行者が駐車場に隣接する空き地にスイカを発見した。

「ほら、あそこにスイカがあるよ!」
「スイカ? どこに?」
「あそこ、あそこ!」
「ああ、ほんとだ。スイカだねえ。でも、なんでここにスイカが?」



枯れ草がからまっていたので、取り除くと、スイカの形がはっきりと現れた。

小玉スイカくらいの大きさだ(写真参照)。 



スイカは蔓(つる)につながったまま。豚のしっぽのようなというか、カボチャの蔓にも似たスイカの蔓だ。右側にたどっていくと茎にたどりつきた。


まさか栽培目的で、こんな砂利場にわざわざ植えるはずがない。誰かが夏のあいだにスイカを食べて、飛ばしたタネが自然に発芽して実をつけたのだろう、と結論。 ある意味、野生化したわけだ。

いやあ、それにしても、スイカには生命力あるなあ! 11月のこんな季節に、こんな場所でスイカに遭遇するとは! スイカの原産地はアフリカのカラハリ砂漠のはずなのだが・・・。今年の日本は(すくなくとも関東地方は)秋でも温暖な天気が続いていたからかな。




栽培目的の場合、スイカは病虫害に弱いので、通常はカボチャやカンピョウなど、おなじウリ科の植物の苗に接ぎ木する。このスイカが、病虫害の被害にあってないのはなぜだか
わからない。もともとスイカは強いのだろうか。現在は庭付きの家に住んでないので残念だが、スイカのタネを蒔いて自分でも実験してみたい。

もちろん、このスイカはそのままの状態で放置しておきました。もし熟したら、鳥がついばむのではないかな? その前に初霜が降りるようなことがあったら、完熟する前に枯死してしまうだろうが・・・。







<ブログ内関連記事>

タイのホテルの朝食はオールシーズン「フルーツ三点セット」-タイのあれこれ(番外編)
・・スイカ、パパイヤ、パイナップル

万病に効く!-パパイヤ健康法のススメ

「世界のヒョウタン展-人類の原器-」(国立科学博物館)にいってきた(2015年12月2日)-アフリカが起源のヒョウタンは人類の移動とともに世界に拡がった
・・ヒョウタンもウリ科。スイカもウリ科。ともにアフリカ原産。

冬瓜は夏から秋にかけてが収穫期-次から次へと花が咲き実がなるが冬には枯れる

カンボジアのかぼちゃ

ゴーヤ棚はすでに日本の夏の風物詩

ひさびさにカラスウリを見つけた-晩秋になるとオレンジ色に熟したカラスウリが目に入る

『農業全書』に代表される江戸時代の「農書」は、実用書をこえた思想書でもある

(2019年11月14日、16日 情報追加)



 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)









Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!









end

2019年11月5日火曜日

JBPressの連載コラム第64回は、「亡命から60年、懸念される偽ダライ・ラマの出現-チベット弾圧の中国政府、ダライ・ラマ後継者選びにも介入か」(2019年11月5日)



JBPressの連載コラム第64回は、亡命から60年、懸念される偽ダライ・ラマの出現-チベット弾圧の中国政府、ダライ・ラマ後継者選びにも介入か(2019年11月5日)
⇒ https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58123

ダライ・ラマ14世が、1959年3月にチベットを脱出し、ヒマラヤ山脈を越えてインドに亡命してから、すでに60年という月日が過ぎてしまった。


(ダライ・ラマ Wikipediaより)

チベット仏教を生み出した高原の国チベットは、現在も中国によって占領されたままであり、中国共産党による支配はすでに70年に近い 死を恐れぬ態度を示して平和で非暴力のデモに参加している香港人の姿に、中国共産党による圧制に苦しむチベット人やウイグル人の姿を重ね合わせて見る必要があるのではないだろうか。


(1939年、4歳の幼児がダライ・ラマ13世の「転生」であることが確認される 映画『クンドゥン』よりキャプチャ)

次のダライ・ラマの選定がどうなるかは、ダライ・ラマ制度そのものと、チベット人あるいはチベット仏教徒に直接かかわるだけでなく、中国情勢、ひいては「米中経済戦争」の当事者である米国を通じて世界情勢にも間接的に大きな影響を与える問題である。 だからこそ、日本人はもっと関心をもった方がいい。

つづきは本文で ⇒ https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58123

香港問題を考える際には、まずチベットを想起せよ! ようやく書くべきこと書いた、という気持ちです。ぜひご一読を!









<ブログ内関連記事>

映画 『ダライ・ラマ14世』(日本、2014)を見てきた(2015年6月18日)-日本人が製作したドキュメンタリー映画でダライラマの素顔を知る

「ダライ・ラマ法王来日」(His Holiness the Dalai Lama's Public Teaching & Talk :パシフィコ横浜 2010年6月26日)にいってきた

書評 『こころを学ぶ-ダライ・ラマ法王 仏教者と科学者の対話-』(ダライ・ラマ法王他、講談社、2013)-日本の科学者たちとの対話で学ぶ仏教と科学

「チベット蜂起」 から 52年目にあたる本日(2011年3月10日)、ダライラマは政治代表から引退を表明。この意味について考えてみる

映画 『ルンタ』(日本、2015)を見てきた(2015年8月7日)-チベットで増え続ける「焼身」という抗議行動が真に意味するものとは

「チベット・フェスティバル・トウキョウ 2013」(大本山 護国寺)にいってきた(2013年5月4日)

チベット・スピリチュアル・フェスティバル 2009


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)









Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!









end

2019年11月4日月曜日

「餃子の王将」さまに『超訳 自省録』を4000冊注文いただきました!-「社員の誕生日プレゼント」として採用

(ある書店でのPOP)

「餃子の王将」の王将フードサービスさまに『超訳 自省録 よりよく生きる』(マルクス・アウレリウス、佐藤 けんいち編訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン、2019)を4000冊(!)注文いただきました。「社員の誕生日プレゼント」として採用されたとのことです。

先日のことになりますが、ディスカヴァー社の担当編集者からの情報で知りました。納品は月ごとに行われるとのこと。それにしても、一括注文で4000冊とは! 驚きとともに、ありがたいことです。

アルバイト含めた全社員にプレゼントする「お誕生日お祝い品」が「自己啓発本」。その5冊のうちの1冊に選ばれたとのことです。たいへん光栄なことです。うれしく思います。

もともと、福利厚生の一環として、社員の誕生日には社長みずから選んだ「自己啓発本」に「メッセージカード」をそえてプレゼントしていたとのことです(・・社員の配偶者の誕生日には「お花」をプレゼント)が、現在では3年以上勤務のアルバイト社員も対象になっているとのこと。これは4~5年ほど前からのようです。すばらしい取り組みですね!


■なぜ『超訳 自省録』が選ばれたのか?

いい機会なので、なぜ『超訳自省録』が選ばれたのか知りたいと思い、担当編集者をつうじて王将さまに質問してみました。いただいた回答によれば、以下のようなプロセスと理由で選定されたとのことです。

まずは労務部の担当者2名で「自己啓発本」を中心に30冊ほど候補作品を選定し、その後役員をまじえて中身を検討したうえで5作品を選定『超訳 自省録』はそのうちの1冊となったのだ、と。

選定理由は、内容的に社員に読んでほしいと思ったことと、サイズ感もちょうどよかったとのことです。なるほど!


(餃子定食ダブル 筆者撮影)

『超訳 自省録』をプレゼントされた方の読書感想を知りたい気持ちはやまやまですが、「餃子の王将」で「餃子定食」(もちろん2人前の「ダブル」で!)を食べながら、もしかしたら、すでに誕生日には『超訳 自省録』をプレゼントとして受け取って目を通している社員がこのなかにいるかもしれないなどと考えながら、心のなかで感謝の気持ちを示しています。

『超訳 自省録』をレゼントされた方々の心の糧となりますように、と。

すばらしい取り組みをされている「餃子の王将」さまには、ぜひ過去にさかのぼって、プレゼントとして選定された本のタイトルを公開していただきたいものです。かならずや経営者、教育研修担当者や福利厚生担当者、ビジネスパーソン、一般読者にとっても参考になることでしょう。

『超訳 自省録』が今回選ばれたということは、意義あることと受け止めてよいと思います。それだけの価値がある内容の本なのです。みなさんもこの機会にぜひ!







<関連サイト>

リクナビ 人事ブログ 「お誕生日お祝い品」(王将フードサービス 人事採用担当) 
・・「今回は王将フードサービスの福利厚生の誕生日のお祝いプレゼントについてお伝えします。社員の誕生日には会社からのプレゼントで「本」と「メッセージカード」が贈られます。それだけでなく、その社員の配偶者の方の誕生日には「お花」が贈られます」


<ブログ内関連記事>

『超訳 自省録 よりよく生きる』(マルクス・アウレリウス、佐藤けんいち編訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン、2019)が、来る2019年4月27日出版されます-わが人生初のハードカバー!

■自己啓発書関連

書評 『「ビジネス書と日本人』(川上恒雄、PHP研究所、2012)-高度成長期の日本で一大ジャンルに成長した「ビジネス書」とは何か?

福澤諭吉の『学問のすゝめ』は、いまから140年前に出版された「自己啓発書」の大ベストセラーだ!

『自助論』(Self Help)の著者サミュエル・スマイルズ生誕200年!(2012年12月23日)-いまから140年前の明治4年(1872年)に『西国立志編』として出版された自己啓発書の大ベストセラー

『論語と算盤』(渋沢栄一、角川ソフィア文庫、2008 初版単行本 1916)は、タイトルに引きずられずに虚心坦懐に読んでみよう!

The Greatest Salesman In the World (『地上最強の商人』) -英語の原書をさがしてよむとアタマを使った節約になる!


■京都関連

書評 『知的生産な生き方-京大・鎌田流 ロールモデルを求めて-』(鎌田浩毅、東洋経済新報社、2009)-京都の知的風土のなかから生まれてきた、ワンランク上の「知的生産な生き方」

梅棹忠夫の幻の名著 『日本探検』(1960年)が、単行本未収録の作品も含めて 2014年9月 ついに文庫化!

書評 『京都の企業はなぜ独創的で業績がいいのか』(堀場 厚、講談社、2011)-堀場製作所の社長が語る「京都企業」の秘密

書評 『「できません」と云うな-オムロン創業者 立石一真-』(湯谷昇羊、新潮文庫、2011 単行本初版 2008)-技術によって社会を変革するということはどういうことか?

書評 『「利他」-人は人のために生きる-』(瀬戸内寂聴・稲盛和夫、小学館文庫、2014 単行本 2012)-智慧に充ち満ちた二人のエルダーによる対談型法話


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)








Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!









end

2019年11月1日金曜日

「相馬野馬追甲冑競馬」(船橋競馬場)を見に行ってきた(2019年11月1日)-1000年以上続く伝統行事を千葉県船橋市で見る


「相馬野馬追甲冑競馬」(そうま・のうまおい・かっちゅうけいばを見に行ってきた(2019年11月1日)。船橋競馬場での開催。船橋での開催は、今回が初めて。


「相馬野馬追甲冑競馬」とは、福島県南相馬市に1000年以上前から伝わる夏の伝統行事で、毎年7月に開催されている。 甲冑すなわち重い鎧甲(よろいかぶと)を身につけた騎手が、元競走馬にまたがって行うレースのことだ。競馬の一種であると考えてよいだろう。


その「相馬野馬追」(そうま・のうまおい)は、現在の南相馬市で大半が行われてきた。南相馬市といえば、東日本大震災とその後の原発事故の際に市長の存在感が大きかったことが記憶に新しい


「相馬野馬追甲冑競馬」は、「相馬野馬追」の重要な部分を占めているが、このほか500騎以上の騎馬が市内を練り歩く「お行列」数百の騎馬武者が神旗を奪い合う「神旗争奪戦」があり、これとは別に重要な神事として「野馬懸け」がある。写真や映像で見る限り、じつに勇壮な武者絵巻である。こんな行事が、1000年以上前から伝わってきたというのはすごいことだ。


ぜひ現地まで見に行きたいと思いながらも、なかなか実現しないままとなっていたが、地元の船橋競馬場で見れるというチラシを目にして、昨日(11月1日)見に行ってきたという次第だ。



(船橋ケイバ News  Release 2019年10月18日)

「相馬野馬追」については、 Wikipediaに次のような記述がある。「起源は、鎌倉開府前に、相馬氏の遠祖である平将門が、領内の下総国相馬郡小金原(現在の千葉県松戸市)に野生馬を放し、敵兵に見立てて軍事訓練をした事に始まると言われている」。平将門である。つまり南相馬は千葉県北西部とは縁が深いわけだ。相馬つながりであり、相馬という名字も「馬」関連である。

松戸市から習志野市にかけての一帯は、江戸幕府直轄の野馬放牧地であった。小金牧(こがねまき)である。明治以降も陸軍の習志野原軍用地に転用され、騎兵隊、牧場、競馬場など馬にかかわる施設が置かれてきた。今回の舞台である地方競馬の「船橋競馬場」もそうだし、「有馬記念」で有名な中央競馬の「中山競馬場」も、この一帯にある(ともに船橋市内)。馬と縁の深い土地柄なのだ。


(当日の出走表 船橋ケイバ ウェブサイトより)

さて、「相馬野馬追甲冑競馬」だが、競馬場での開催であり、 屋外観覧席から見学することにした。かぶりつきもいいのだが、それでは全体を俯瞰して見ることができないからだ。電光掲示板があるので、そこで拡大映像を見ればいい。


引退した競走馬に甲冑姿の騎手が乗ってレース場を走る。たった1レースだけだったが、勇壮なものがあった。出走前にホラ貝と南相馬の民謡が披露され、出走後もホラ貝で締める。 ほんのさわりだけ見ることができただけだが、ホンモノを見るに限ると思った。


とはいえ、やはり本場の南相馬市の「相馬野馬追甲冑競馬」見に行きたいという気持ちが高まった。いつの日か実現させたいものだ。






<関連サイト>

相馬野馬追執行委員会 公式ページ


<ブログ内関連記事>


「下野牧」の跡をたずねて(東葉健康ウォーク)に参加-習志野大地はかつて野馬の放牧地であった


書評 『ポロ-その歴史と精神-』(森 美香、朝日新聞社、1997)-エピソード満載で、埋もれさせてしまうには惜しい本


ハンガリーの大平原プスタに「人馬一体」の馬術ショーを見にいこう!

書評 『馬の世界史』(本村凌二、中公文庫、2013、講談社現代新書 2001)-ユーラシア大陸を馬で東西に駆け巡る壮大な人類史




 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!









end