「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2010年7月12日月曜日

起業家が政治家になる、ということ


              
 昨日(2010年7月11日)に行われた参議院選挙で、みんなの党から東京選挙区から立候補した松田公太氏が当選した。激戦区の東京での当選であるからたいしたものである。めでたいことだ。
 松田公太氏は1964年生まれ、三和銀行の銀行員を経て、タリーズコーヒー・ジャパンを創業し成功させたストーリーは、自ら執筆した『一杯のコーヒーから』(新潮文庫)に失敗も包み隠さず、赤裸々に語られている。

 私は、昨年12月に行われた講演会でお会いして、その場で購入した文庫本にサインしてもらって、ちょっと会話したことがあるが、この件については以前にブログに書いたとおりである。講演会「原点回帰と変革の経営」で、松田公太氏とゾマホン氏の話を聞いてきた を参照。
 日本での起業を成功に導いた松田氏は、次の目標としてアジアで日本のサービス業を海外展開させるミッションを遂行しているとの話だった。

 (つづきは http://ken-management.blogspot.com/2010/07/blog-post.html にて)