「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2018 禁無断転載!



2018年5月28日月曜日

「ソーセージ&ビール フェスティバル」(JR津田沼駅前)に参加してみた-ストーリーで町おこし


 「ソーセージ&ビール フェスティバル」(津田沼駅前)に立ち寄りで参加、現在売り出し中の「習志野ソーセージ」を千葉県の地ビールである安房ビールの黒で味わう。 

この「習志野ソーセージ」は、第一次大戦中の青島(チンタオ)攻略戦で戦争捕虜となったドイツ人兵士から伝授されたレシピにもとづくのだとか。習志野には陸軍基地があり、基地内に設置された「俘虜収容所」に収容されたドイツ人兵士のなかにはソーセージ職人もいたのだという。その味を現代に再現したものだそうだ。


    

グリルしたソーセージからは熱々の肉汁が飛び出してきて旨い。 当然のことながらビールにはよくあう。

「安房ビール」は、房総半島の南房総市にある地ビールの醸造所がつくっているもの。黒ビールしか残ってなかったが、ドイツ風のドゥンケルで味は良し。選択は正解であったといえよう。



 「地ビール×ご当地ソーセージ」の組み合わせは、村おこしならぬ、町おこしか。

日本の地方は、もっとドイツのように地方色を前面に打ち出したらいい。金太郎飴のように全国チェーン店ばかりが増え続けている現在の日本は、救いようがないほどに画一化が進んでしまっている。こうした状況へのアンチテーゼとして、土地にまつわるストーリーを掘り起こしてどんどん推進すべきだ。

キーワードは、その土地にまつわるストーリーである。「習志野ソーセージ」の場合は、第一次世界大戦のドイツ人捕虜だ。どんな地域でも、それなりのストーリーが発見できるはずだ。ぜひ掘り起こしてみて欲しい。







<関連サイト>

ソーセージ&ビール フェスティバル(習志野ソーセージ公式ブログ)

「安房ビール」(公式サイト)


<ブログ内関連記事>


ドイツの「ビール純粋令」(1516年4月23日発布)から本日で500年

タイのあれこれ(5)-ドイツ風ビアガーデン

「ラオス・フェスティバル2014」 (東京・代々木公園)にいってきた(2014年5月24日)
・・ラオスのソーセージは旨い!

「タイガー・ビア」で乾杯!!

ミャンマー再遊記 (4) ミャンマー・ビアとトロピカルフルーツなどなど

『ベルギービール大全』(三輪一記 / 石黒謙吾、アートン、2006) を眺めて知る、ベルギービールの多様で豊穣な世界

(2018年6月15日 情報追加)



(2017年5月18日発売の拙著です)




(2012年7月3日発売の拙著です)








Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!




end