「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2010年1月3日日曜日

「タイガー・ビア」で乾杯!!



(ベトナムはホーチミンでタイガー・ビア!)

新春第三弾、「タイガー・ビア」で乾杯!!

 「タイガー・カー」につづき、本日もまたまたシンガポールから「タイガー・ビア」(Tiger Beer)。
 東南アジアのビールのチャンピオン、「タイガー・ビア」はアジアを代表するブランドの一つだろう。
 ダークブルーの背景に、椰子の木の下で吠えるトラがトレードマークのビール。

 
 「タイガー・ビア」は、アジア・パシフィック・ブルワリーズ社(Asia Pacific Breweries Limited : APB)がもつ世界的なビールの銘柄である。

 英国植民地時代の1931年にFraser and Neave Group とハイネケン社のJV(合弁企業)として誕生、「タイガー・ビア」はその翌年の1932年に誕生したから、今年ですでに78年の歴史をもつ。

 APB は設立当時は Malayan Breweries Limited (MBL) という社名だたが、1990年に現在の APB に社名変更した。シンガポールがマレーシアから独立したのは1965年である。
 現在では、シンガポール証券取引所(SGX)に上場している。

 アジアを中心に、米国や欧州も含めた60カ国で展開している。そのなかでも、シンガポール、カンボジア、中国、インド、ラオス、マレーシア、モンゴル、ニュージーランド、パプアニューギニア、スリランカ、タイ、ベトナムでは、ビール醸造工場をもっている。

 冒頭に掲げた写真は、ベトナム南部のホーチミン・シティ(HCM)で撮影したものである。ベトナムでも地場ビールはあるものの、タイガー・ビアの勢いはすさまじい。

 東南アジアを席巻する「タイガー・ビア」、そもそもシンガポールは市場としては小さいので、ずいぶん以前から飽和状態であろう。

 積極的に東南アジア市場を開拓すべく、マーケティングの大攻勢をかけている。
 先にも触れたベトナムだけでなく、タイでも、ミャンマーでもタイガー・ビアの大攻勢が続いている。タイやバトナムにはビール工場がるが、ミャンマーでは地場のビール会社がライセンス生産していると聞いた。

(タイはバンコクでタイガー・ビアで乾杯!)

バンコクでも、以前はビア・シン(=シンハ・ビア)だったのに、なぜか近年はいつもタイガー・ビアばかり飲んでいたのは、ビアガールの存在だけではない(笑)。もちろん味がうまいからである。

しかし考えてみると、シンガ・ポールは「シンガ」(Singha=獅子、ライオン)の国なのに、タイガー(=虎)がらみが多いなあ。昨日の「タイガー・バーム」の「タイガー・カー」もそうだし、本日の「タイガー・ビア」もそうだ。タイでは逆に、ビールはシンハ(Singha:ただし発音はシン)というのは面白い。

(やっぱり本家本元シンガポールでタイガー・ビアで乾杯!)

 そういえば、かつて悪役でならしたプロレスラー、タイガー・ジェット・シン(Tiger Jeet Singh)はシーク教徒なので、名字はシーク教徒共通のシン(Singh)である。これはいうまでもなくシンガと同じで、獅子やライオンの意味。リング名にトラとライオンを含んでいるわけだから、いかにも獰猛で強そうだ。


 「タイガー・ビア」は、東南アジアの気候のなかで飲むビールなのだろう。東南アジアで飲むと実に美味いのだ。沖縄の「オリオン・ビール」は沖縄で飲んでこそ美味いと感じるのと同じかもしれない。

 私はいまだ欧州や米国ではタイガー・ビアを見たことがない。不勉強(?)であると反省。
 もちろん日本でもシンガポール料理店にはおいているのでたまに飲むのだが、なんかあまりうまいと感じないんだなあ・・・日本ではライセンス生産もされていないので、シンガポールから輸入の缶ビールのみ。

 というわけで、「タイガー・ビア」での乾杯は、しばらくおあずけだ。

             

PS シンガポールの写真を追加しました(2014年1月20日)


<ブログ内関連記事>

タイのあれこれ(5)-ドイツ風ビアガーデン

ミャンマー再遊記 (4) ミャンマー・ビアとトロピカルフルーツなどなど

「タイガー・バーム」創業者の「タイガー・カー」(改造車)






(2012年7月3日発売の拙著です)








Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!






end