「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2012年4月23日月曜日

World Book Night (ワールド・ブック・ナイト)という本が好きな人たちのためのイベントが今夜(2012年2月23日)英国で行われます



新月の今夜(4月23日)、 World Book Night(ワールド・ブック・ナイト) という、読書好きのためのイベントが英国で開催されます。

合計100万冊(!)の本を、ボランティア2万人(!)が、ロンドンのトラファルガー広場などで無料で配るというイベントです。

手渡しで本を渡しながら、'This one's amazing, you have to read it.' (この本はすっごくいいから、ぜひ読んでね!)と声をかけるのです。 いいですね!

配布されるのは全部で25タイトル、各4万冊で合計100万冊。タイトルを選ぶのは、出版者や書店員、ジャーナリストや図書館員などからなるイベントの委員会です。

英国の独立系出版社 Canongate Books の Jamie Byng 氏の発案によるもので、出版社協会(Publishers Association)、書籍販売協会(Booksellers Association)、英国読書協会(Reading Agency with Libraries)や BBC などが協力しています。

日本とは時差があるので、日本より8時間遅れですが、まだ新月。くわしくは facebookページをご覧になってください。 http://www.facebook.com/worldbooknight (英語)

ロンドンにはいないのでこのイベントを目撃することができないのは残念ですが、読書離れ(?)のつづく日本、こういう思い切ったイベントで巻き込むことは大いに意味あることかもしれませんね。

このWorld Book Night(ワールド・ブック・ナイト) にあわせて、書店でもディスカウントセールを行ったりして、本好きが一人でも増えるように盛り上げているようです。わたしは、この情報は、英国の専門書店 Blackwell's のメールマガジンで知りました。

すでに同じ英語圏のアイルランドやアメリカにも拡がっているようです。  
http://www.facebook.com/worldbooknightusa (英語)

ドイツでも開催。すでに英語圏の外に飛び出しています。
http://welttag-des-buches.de/de/470211#cover-22 (ドイツ語)

英語圏からはじまったこのイベント、世界中に広まるといいなあ、と思います。



<関連サイト>

World Book Night 公式ウェブサイト

Blackwell's (英国の専門書店 公式サイト)




Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。   




end