「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2014年1月5日日曜日

ミャンマーではいまだに「馬車」が現役だ!-ミャンマーは農村部が面白い


「最後のフロンティア」という謳い文句でミャンマーが注目を浴びているが、ミャンマーは大都市ヤンゴンだけではないミャンマーは地方が面白いのだ。

ミャンマーではいまだに馬車が現役だ! 

写真の馬車は観光馬車ではない荷物運搬用の馬車である。ここは幹線道路。もちろんクルマも走っているが、このように馬車が現役で使用されているのである。しかもひんぱんにすれ違うので、主要交通機関であることもわかる。

撮影したのは2009年。急速に変化しつつあるミャンマーだが、変化が激しいのはヤンゴンなどの大都市が中心。農村部はまだまだ昔ながらの生活のままだ。



写真の馬車を後部からみると輸送用であることが一目瞭然だろう。コメ(?)をつめた麻袋が積まれている。馬は馬力があるから荷物運搬には適しているのだ。



隣に停車しているのは日本の観光バスの中古車である。HINOMARU というロゴがそのまま消されずに残してあるのはミャンマーの人たちが日本製にブランドを感じているためだ。

交通手段に使用されるのが「馬」なら、農耕につかわれるは「牛」だ。

いまだにお釈迦様の時代と同様に、牛が耕運機の役目を果たしている。


農耕はいずれトラクターが取って代わっていくのだろうが、消えてしまわないうちにミャンマーに見に行くべし!

ヤンゴン=ミャンマーではありませんよ!






<ブログ内関連記事>

「ミャンマー再遊記」 全8回+α 総目次
「三度目のミャンマー、三度目の正直」 全10回+α 総目次

書評 『馬の世界史』(本村凌二、中公文庫、2013、講談社現代新書 2001)-「馬と人間の関係」を軸に描いた東西ユーラシアの人類史





(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end