「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2014年9月9日火曜日

九月のつゆくさ


雨露に濡れた「つゆくさ」。9月でも「つゆくさ」。

「つゆくさ」の「つゆ」は梅雨ではありません。露(つゆ)の草、です。露草です。

「つゆくさ」もまた、朝咲いて昼にはしぼんでしまう「あさがお」と同様、「露(つゆ)の命」だからそう名付けられたという説もあります。儚さ(はかなさ)の象徴でもありますね。


「つゆくさ」は日本も含めた東アジアが原産地。だから『万葉集』以来、日本人に親しまれてきました。『万葉集』では「つきくさ」(月草)とされているようです。

(置かれた環境次第でこんなに高く伸びて花を咲かせることもある)

「つゆくさ」は6月から9月まで咲いています。「雑草」とされてますが、どこにでも咲いている可憐な花です。見かけたらぜひ足を止めて、「つゆくさ」を見てほしいものです。






<ブログ内関連記事>

春を告げるスイセンの花とナルキッソスの神話

葛の花 踏みしだかれて 色あたらし。 この山道をゆきし人あり (釋迢空)

キンモクセイの匂いが心地よい秋の一日

冬のたんぽぽ 冬のライオン

片隅で可憐に咲くちいさなすみれ

『置かれた場所で咲きなさい』(渡辺和子、幻冬舎、2012)は、日本全国の新入社員にすすめたい一冊

世の中には「雑学」なんて存在しない!-「雑学」の重要性について逆説的に考えてみる






(2012年7月3日発売の拙著です)









Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!





end