「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2015年12月27日日曜日

地面に点在する「モグラ塚」-足元を見よ!③


地面にこんもりと土が盛り上がっている。こんな穴が点在しているとき、それは「モグラ塚」であるとわかる。

「足元を見よ」シリーズの3回目は、コンクリートやアスファルトで舗装された硬い地面ではない。比較的やわらかい地面で目にするものだ。「モグラ塚」は英語では molehill(モールヒル)という。mole(モール) はモグラのこと。

モグラは地下世界の住人である。地下にトンネルを掘って、そのなかで生きている。「潜る」という動詞の変化形が「潜ら」なのであろうと思いたくなるが、そうではないようだ。地下に潜るモグラはトンネル工事の象徴としてマスコット扱いされることも多い。

目がちっこくてかわいい(?)モグラの姿形は誰もが知っているにもかかわらず、めったに地上に姿を現すことはない。じっさいにホンモノのモグラを見た人はそう多くはないのではないか?

ごくたまにだが、「モグラ塚」の近くで、モグラが仰向けになってひっくりかえっているのを目にすることがある。

それはたまたま地上近くに這い出てきたときに、ノラネコが穴から引きずり出したからだ。生まれながらのハンターであるネコは、狭い穴のなかに入ってネズミだけでなくモグラも捕まえる。ただし、捕まえることに意義があっても、捕食することには関心がないようだ。だから、死んだモグラがそのまま放置されているわけだ。

「人間はゲームセンターでモグラを叩くが、ネコはモグラを引きずり出す」、というわけですな(笑)。とはいえ、モグラ退治には「ネコの手」も借りたい(?)というのは、あんがい人間のホンネかもしれない。

「アリの穴」と違って「モグラ塚」は比較的大きいので目に付くものだ。土の地面のを歩くときには足元に目を向けてみるのもいいだろう。だが、なかなかモグラを目にすることはないだろうが・・・








<ブログ内関連記事>

アリの巣をみる-自然観察がすべての出発点!

書評 『土の科学-いのちを育むパワーの秘密-』(久馬一剛、PHPサイエンス・ワールド新書、2010)-「土からものを考える視点」に貫かれた本


足元を見よ!

秋が深まり「どんぐり」の季節に

銀杏と書いて「イチョウ」と読むか、「ギンナン」と読むか-強烈な匂いで知る日本の秋の風物詩

マロニエはマロン(栗)にあらず


足元の十字を見よ!-足元を見よ!①

足元の「G」に注目-足元を見よ!②




(2012年7月3日発売の拙著です)









Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!




end