「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2016年1月23日土曜日

「世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々展」(パナソニック汐留ミュージアム(2016年1月22日)-現在の英国を英国たらしめている植物愛を体現している植物園とその世界を紹介した展示会


「世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々展」(パナソニック汐留ミュージアム)にいってきた(2016年1月22日)。美しいボタニカルアート(=植物画)を中心とした展示である。

キュー王立植物館(The Royal Botanical Gardens, Kew)はロンドン郊外にある植物園である。残念ながら、わたしはまだ訪れたことがないのだが、2003年にはユネスコ世界遺産にも登録されているのだそうだ。

大英帝国の最盛期に、海外植民地からプラントハンターたちによってもたらされたゴムなどの貴重な植物種がここで栽培され、改良され、ふたたび植民地に戻されていった。英国の産業政策において戦略的な意味をもった植物園であり、植物の研究機関であったわけだ。たとえば、現在では当たり前のように栽培されているゼラニウムだが、なんと南アフリカ出身であることは今回はじめて知った。

もちろん英国のことであるから、そこはいわゆる「イングリッシュ・ガーデン」となる。幾何学的なフランス式庭園や奇想に満ち満ちたイタリア式庭園とは違って、自然そのものを活かしたのが英国式庭園だ。ガーデニングといえば英国をモデルにしているのは、もともとの日本人の好みにフィットしているからであろう。日本は、江戸時代以来の園芸大国である。幕末から明治時代前半に来日した外国人はみな絶賛しているとおりだ。

今回の展示の中心は、初期近代の17世紀から19世紀に製作されたボタニカルアートにある。美しくかつ精密に描かれた植物画は、それじたいが美術作品として鑑賞できるものだ。植物の特徴を正確に表現できるのが写真との違いである。だから、キュー植物園では、現在でも植物画の製作は推奨しているのである。21世紀以降の新作も展示されていて興味深い。

ボタニカルアート以外では、プラントハンターで植物学の発展に大きな貢献のあったジョセフ・バンクスや進化論のチャールズ・ダーウィンらの研究者とのかかわり、植物をモチーフにしたデザインで有名なウィリアム・モリスなどのデザイナーの作品も展示されている。

現在の英国を英国たらしめている要素のひとつである植物愛を体現している植物園とその世界を紹介した展示会といえるだろう。

ボタニカルアートのファン、ガーデニングを趣味とする人は、ぜひ足を運んでほしい展示会だ。







<関連サイト>

「世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々展(公式サイト)

キュー王立植物館(The Royal Botanical Gardens, Kew) (公式サイト 英語)





PS この記事で1700本目の投稿となったことに気がついた(2016年1月25日)


<ブログ内関連記事>

「今和次郎 採集講義展」(パナソニック電工 汐留ミュージアム)にいってきた-「路上観察」の原型としての「考現学」誕生プロセスを知る (2012年2月4日)

「信仰と商売の両立」の実践-”建築家” ヴォーリズ
・・松下電工ミュージアム(現在のパナソニック汐留ミュージアム)で開催された展覧会を機に書いた記事

「石に描かれた鳥たち-ジョン・グールドの鳥類図譜-」(玉川大学教育博物館)にいってきた(2013年1月26日)-19世紀大英帝国という博物学全盛時代のボタニカルアート

書評 『紅茶スパイ-英国人プラントハンター中国をゆく-』(サラ・ローズ、築地誠子訳、原書房、2011)-お茶の原木を探し求めた英国人の執念のアドベンチャー
・・お茶の木もまたプラントハンターによって中国から英国に持ち出された

書評 『「イギリス社会」入門 -日本人に伝えたい本当の英国-』(コリン・ジョイス、森田浩之訳、NHK出版新書、2011)
・・お茶を飲む習慣は19世紀になってから

書評 『チューリップ・バブル-人間を狂わせた花の物語』(マイク・ダッシュ、明石三世訳、文春文庫、2000)-バブルは過ぎ去った過去の物語ではない!

「東京大学総合研究博物館小石川分館」と「小石川植物園」を散策(2009年7月12日)

千葉大学園芸学部にはイタリア式庭園とフランス式庭園がある-千葉大松戸キャンパスをはじめて訪問(2014年11月9日)
・・残念ながらイングリッシュガーデンは撤去されてしまった

「植物学者 牧野富太郎の足跡と今(日本の科学者技術者シリーズ第10回)を国立科学博物館」(東京・上野)にいってきた

"粘菌" 生活-南方熊楠について読む-

「コンパニオン・プランツ」のすすめ-『Soil Mates』 という家庭園芸書の絵本を紹介

「夢の島」にはじめて上陸(2014年11月15日)-東京都江東区の「夢の島」に日本戦後史の縮図をみる
・・夢の島に熱帯植物園がある




(2017年5月18日発売の新著です)


(2012年7月3日発売の拙著です)








Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!




end