「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2018 禁無断転載!



2018年3月27日火曜日

JBPress連載コラム第22回目は、「日本は専制国家に戻るロシアを追い詰めてはいけない-「東洋的専制国家」の中国とロシア、その共通点と相違点」(2018年3月27日)


JBPress連載コラム第22回目は、「日本は専制国家に戻るロシアを追い詰めてはいけない「東洋的専制国家」の中国とロシア、その共通点と相違点」(2018年3月27日)
⇒ http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52652

ロシアも中国も、ともに帝国崩壊から100年後となるが、プーチンも習近平も現代の「皇帝」になぞらえられるのは、ある意味では不思議なことではない。

ロシアと中国がよく似た体制であることは、「東洋的専制国家」という概念を補助線として引いてみると理解できる。ロシアはウラル山脈を境に西洋と東洋の双方にまたがる「ユーラシア国家」である。

今回のコラムはエッセイ風な書き出しで、ロシア帝国の専制政治のなかで生きた19世紀ロシアの国民詩人プーシキンを導入にして、ロシア政治の特性と中国との共通点と相違点について考えてみました。

つづきは本文で! http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52652

(プーシキンの肖像画 Wikipediaより)


次回の公開は、2週間後の4月10日(火)です。お楽しみに!


<ブログ内関連記事>

「わたしは春をこのまない」(プーシキン)

書評 『「東洋的専制主義」論の今日性-還ってきたウィットフォーゲル-』(湯浅赳男、新評論、2007)-奇しくも同じ1957年に梅棹忠夫とほぼ同じ結論に達したウィットフォーゲルの理論が重要だ

書評 『なぜ中国は覇権の妄想をやめられないのか-中華秩序の本質を知れば「歴史の法則」がわかる-』(石平、PHP新書、2015)-首尾一貫した論旨を理路整然と明快に説く

書評 『モンゴル帝国と長いその後(興亡の世界史09)』(杉山正明、講談社、2008) ・・ユーラシア大陸の覇者モンゴルの盛衰。その長い衰退の歴史




(2017年5月18日発売の拙著です)




(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end