「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2020 禁無断転載!



2020年3月20日金曜日

映画 『野性の呼び声』(2020年、米国)-カナダ西海岸とアラスカの大自然にどっぷり浸かる


映画 『野性の呼び声』(2019 米国)をやっと見てきた。

いまやパンデミックとなった新型コロナウイルスの影響で、映画館のような密閉空間に2時間もいるのはどうかなという気がしないでもないが、さすがにマスクを着用したうえで見ることにする。

というのも、ようやく今週月曜日に一仕事が片付いたので(=4冊目の執筆完了!刊行は今年5月予定)、見たかった映画を見に行くことができるからだ。公開からもう3週間もたっているので、ぼやぼやしていると公開が終了してしまう。

『野性の呼び声』(The Call of the Wild)は、アメリカ文学の古典、ジャック・ロンドン『野性の呼び声』(あるいは『荒野の呼び声』というタイトルの日本語訳もある)の実写化だ。カナダ西海岸とアラスカの大自然にどっぷり浸かることのできるスケールの大きな映画だ。




「野性の呼び声」に覚醒した飼い犬バック(Buck)を主人公にした物語である。

ポスターやトレーラーでは、主演がハリソン・フォードのような印象を受けるが、本当の主演はバックを演じたイヌである。この賢い大型犬の本名はなんというのかな?

この映画をつうじて、人もイヌも、自分が自分の人生の主人であることを取り戻していく。熱い思いがわき出してくる。いい映画だ。 

ある種のロードムービーでもある。バックが飼われていたカリフォルニアから、イヌさらいに誘拐されてアラスカへ。貨車に入れられて、西海岸をひたすら北へ。

貨物船にのって到着したのはアラスカだ。アラスカで郵便配達のための犬ぞりを引っ張るイヌとして転売されたのだ。新たな主人は、フランス系カナダ人のカップル。

そこで待っていたのは、過酷な自然だけではない。犬ぞりというチームの一員になることだ。バック自身が、イヌ社会に溶け込み、どう自分の役割を果たすか、である。最終的に気が優しくて力持ち(!)のバックは、持ち前のリーダーシップ能力を発揮して、犬ぞりのイヌたちのリーダーとなる。リーダーシップもまた、この映画のテーマである。

世の中が電信の時代に移行すると、犬ぞりによる郵便配達事業は採算がとれなくなり撤退。イヌたちも路頭に迷うことになる。そして再会したのが、息子を失って孤高な世界に生きる老人。これが、この映画の「助演」のハリソン・フォードが演じる主人公だ。



亡くなった息子の夢を追体験するために始まった "You and I" の旅。この旅をつうじて、さらに「野性の呼び声」に突き動かされたバックは、狼の世界に溶け込んでいく。最終的に自分の「居場所」を発見することで、主体性を回復し、幸せをつかむことになるのだ。

それにしても、ジャック・ロンドンの原作が素晴らしいのだ。

西海岸カリフォルニアのサンフランシスコに生まれ、カリフォルニアで育ったジャック・ロンドンは、船乗りとして日本近海に来たこともあるし(小説のテーマにもなっている)、新聞記者として日露戦争の従軍記者として来日し、朝鮮にも渡っている。それだけでも、日本人としては親近感を感じる存在だ。

映画が小説と違うのは、なんといってもカナダ西海岸(ブリティッシュ・コロンビア、ユーコン)とアラスカの豊かな大自然の美しさを映像として堪能することができることだ。雄大な大自然にどっぷりと浸る映像体験。せせこましい日常から抜け出す冒険の旅の疑似体験となる。もちろん相棒はバックだ。 

ああ、アウトドアの旅に出たい。「野性の呼び声」の促しだ!







<関連サイト>


That Cuddly Kitty Is Deadlier Than You Think(New York Times, Jan. 29, 2013)
・・これぞまさに「野生の呼び声」に応答したネコ。ネコは小さな野獣。小さな肉食獣。

     
<ブログ内関連記事>

映画 『正義のゆくえ-I.C.E.特別捜査官-』(アメリカ、2009年)を見てきた・・ハリソン・フォード主演

映画 『コン・ティキ』(2012年 ノルウェー他)をみてきた-ヴァイキングの末裔たちの海洋学術探検から得ることのできる教訓はじつに多い

映画 『ラサへの歩き方 祈りの2400km』(2015年、中国)をアンコール上映で見てきた(2018年1月7日〉-チベット人一家の五体投地による「カイラス山巡礼」



『ニッポンの犬』(岩合光昭、平凡社、1998)-イヌは日本犬に限る!(2018年の干支はイヌ①)

「羊飼い」と「聖ベルナール」は性格が真逆の大型犬(2018年の干支はイヌ③)

猛暑の夏の自然観察 (3) 身近な生物を観察する動物行動学-ユクスキュルの「環世界」(Umwelt)


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!









end