「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2011年11月14日月曜日

日本はトンボの国!-秋津あかねの秋津島であった


 昨日、「秋津あかね」の撮影に成功しました。歩道橋のうえに静止していたのをラッキーなことに撮影できました。

 「秋津あかね」なんていうと最近の女の子の名前みたいですが、じつは「赤とんぼ」のことなのですね。

 ちなみに古代では、日本のことは 「秋津島」(あきつしま)といわれていたそうですね。秋津島あるいは秋津洲とも書きますが、そのココロは、日本列島のかたちが「秋津あかね」(=とんぼ)に似ているということ。

 日本を平定した初代天皇の神武天皇がそう言ったからだとか。いわれてみれば、たしかにそんな気もしなくもないですね。いわゆる神武東征ですね。

 『日本書紀』では「大日本豊秋津洲」(おおやまと・とよ・あきつしま)、『古事記』では「大倭豊秋津島」(おおやまと・とよ・あきつしま)という万葉仮名で表記されています。

 「あきつ」というコトバは、ちょっと古語辞典を引いて調べてみましょうか。日本語をよく知るには古語を知るのが第一ですからね。

 『岩波古語辞典』には、あきづ(=蜻蛉)はとんぼの古名とあります。平安時代以降は濁音になったようですが、それ以前はあきつと清音であった、と。『記紀歌謡』にはすでに使われている表現ですので、神武天皇が実在の人物であるかはさておき、歴史のある、また季節感あふれる、うつくしい表現です。

 蜻蛉とかいてトンボと読むこともあれば、カゲロウと読むこともあります。『蜻蛉日記』は『かげろふの日記』とも書きますね。右大将道綱の母。

 「赤とんぼ」というと、どうしても「♫ 夕焼け小焼けの赤とんぼ」ではじまる、詩人・三木露風の作詞による童謡を思い出しますが、同じトンボのことも「秋津あかね」と呼ぶとまた別の連想が展開されることになるわけですね。

 人生も赤とんぼのようにスイスイといければ、それにこしたものはないのですが。とはいえ「花の命は短くて」ではないですが、トンボもセミほどではないですが、たかだか数ヶ月の命。

 何事もスイスイとはいかないようで。



<ブログ内関連記事>

猛暑の夏の自然観察 (1) セミの生態 (2010年8月の記録)

空蝉(うつせみ)とはセミの抜け殻のこと-『源氏物語』の「空蝉」をめぐってつれづれに

猛暑の夏の自然観察 (3) 身近な生物を観察する動物行動学-ユクスキュルの「環世界」(Umwelt)

Study nature, not books ! (ルイ・アガシー)

アリの巣をみる-自然観察がすべての出発点!

ミツバチについて考えるのは面白い!-玉川大学農学部のミツバチ科学研究センターの取り組み

(2014年9月1日 情報追加)





(2012年7月3日発売の拙著です)









Clip to Evernote



ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end