「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2015年6月4日木曜日

書評 『かわいい琳派』(三戸信恵、東京美術、2014)-「かわいい」という切り口でみた「琳派入門」のビジュアル本


 先日、千葉市美術館にひさびさにいった際に、ミュージアムショップで見つけて気に入って、思わず衝動買いしてしまったのが 『かわいい琳派』(三戸信恵、東京美術、2014)というビジュアル本。
    
「琳派」と書いて「りんぱ」と読む。「琳派」(りんぱ)の「琳」とは、尾形光琳の「琳」。本阿弥光悦と俵屋宗達から始まり、尾形光琳・乾山兄弟で発展、その後、酒井抱一、鈴木其一といった綺羅星が継承して磨き上げた、「日本美」の集大成といった絵画や工芸品を生み出してきた流派
    
そんな「琳派」(りんぱ)を「かわいい」というコンセプトで一冊にまとめてしまったのだから、大胆といえば大胆。でもついつい見開いては「かわいい」図版の数々を眺めてしまうというビジュアル本。なるほど、こういう「切り口」があったのか(!)と。
    
(amazonの書籍サイトで公開されている内容)

著者は、琳派の「かわいい」ポイントポイントを7つに分類しています。「1 丸い・曲線的」「2 デフォルメ・単純化」「3 無邪気・ほのぼの」「4 しゃれた遊び心」「5 繰り返し・パターン」「6 キラキラ・カラフル」「7 小さないのち」。
    
「かわいい」ものを見ると、オトナであっても思わず心喜び、癒されるのは、現代日本人だけでなく、江戸の昔から変わらぬ日本人の特性であったわけですね。

この本は、先週以来、「座右の絵本」となっております。






目 次

第1部 琳派の流れにみる「かわいい」
 俵屋宗達 やまと絵ベースのカワイイかたち
 尾形光琳・乾山 デザインとユーモアのセンスが光る
 中村芳中 ユーモラスでほっこり、ゆるキャラ系カワイイ
 酒井抱一 クールで洗練された、都会的カワイイ
 鈴木其一 人工的な形態と色彩が織りなすマニアックなかわいさ
 神坂雪佳 琳派のうま味を抽出、京風でモダンなカワイイ
 浅井忠・杉林古香 アール・ヌーヴォーの刺激を受けたレトロモダンなデザイン

第2部 琳派の「かわいい」ポイント
 「かわいい」から琳派を見る
 琳派の「かわいい」ポイント1 丸い・曲線的
 琳派の「かわいい」ポイント2 デフォルメ・単純化
 琳派の「かわいい」ポイント3 無邪気・ほのぼの
 琳派の「かわいい」ポイント4 しゃれた遊び心
 琳派の「かわいい」ポイント5 繰り返し・パターン
 琳派の「かわいい」ポイント6 キラキラ・カラフル
 琳派の「かわいい」ポイント7 小さないのち
 かわいい動物たち
 作家別索引


(見開きの目次ページ)


著者プロフィール


三戸信惠(みと・のぶえ)
1967年広島県生まれ。山種美術館特別研究員。東京大学大学院博士課程満期退学。 サントリー美術館に勤務し、「鳥獣戯画がやってきた」展などを企画・担当。2010 年より現職。 「琳派から日本画へ」展、「Kawaii 日本美術」展などの企画に携わる。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)。





<ブログ内関連記事>


日本美術

『酒井抱一と江戸琳派の全貌』(千葉市美術館)の初日にいってきた-没後最大規模のこの回顧展は絶対に見逃してはいけない!
・・琳派の集大成 日本美の完成


「若冲と蕪村-生誕300年 同い年の天才絵師-」(サントリー美術館)に行ってきた(2015年5月6日)-なるほど二人合わせてジャクソン(=若+村)か!

書評 『若冲になったアメリカ人-ジョー・D・プライス物語-』(ジョー・D・プライス、 山下裕二=インタビュアー、小学館、2007)

「特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝」(東京国立博物館 平成館)にいってきた(2012年5月18日)

『ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画- 「マネジメントの父」が愛した日本の美-』(千葉市美術館)に行ってきた(2015年5月28日)-水墨画を中心としたコレクションにドラッカーの内面世界を読む

(2015年6月5日 情報追加)




(2012年7月3日発売の拙著です)











Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!




end