「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2015年12月16日水曜日

街路樹のプラタナスもまた紅葉する

 (歩道橋の上から撮影したプラタナスの紅葉)


紅葉といえばもみじ、というのは固定観念。街路樹に多い落葉樹のプラタナスもまた紅葉します。

プラタナスはスズカケノキともいいますが、どうしても西洋という連想がさまざま歌の財お良となってきました。

プラタナスというと、「プラタナスの枯葉舞う冬の道で~」という歌詞の一節がすぐに思い浮かびます。フォークソング全盛時代の1969年に発表された「風」という曲です。はしだのりひことシューベルツの代表作のひとつですね。わたしよりひとつ上の世代の愛唱曲でしょう。

(紅葉と黄葉が同じ木に現れるプラタナス)

たしかに、プラタナスの枯葉を目にすることは多いのですが、それはすでに枯れてカラカラになって散っている枯葉です。

街路樹のプラタナスが紅葉することは、目線の上の出来事なのでなかなか目に入ってこないのかもしれません。

この写真は、歩道橋の上から撮影したプラタナス。歩道橋の高さに立てば、プラタナスの紅葉を目の当たりにすることができるわけです。

紅葉狩りは近所でも可能ですね。たまには「上を向いて歩」いてみましょう。




<関連サイト>

風 はしだのりひことシューベルツ (YouTube)


<ブログ内関連記事>

枯葉 Les feuilles mortes

京都土産は紅葉で-禅寺の東福寺の紅葉が美しい

つたのからまるチャペル?- なぜか欧米イメージがまとわりついるが、ツタは日本に自生する植物である

銀杏と書いて「イチョウ」と読むか、「ギンナン」と読むか-強烈な匂いで知る日本の秋の風物詩




(2012年7月3日発売の拙著です)










Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!




end