「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2016年8月11日木曜日

真夏日のそこにあるのはセミの穴-足元を見よ!④ 


梅雨があけてからは暑い日が続いている。セミの鳴き声がまた暑さを倍加させる。

そんなときは足元を見よ!

なんでこんなに穴が開いているのだ? この穴は、セミが出てくるために開かれた穴だ。

だからこの穴のなかには何もない。抜け殻も地上にはないのがふつうだ。 だがよく探して欲しい。この写真のなかにセミの抜け殻、つまり空蝉(うつせみ)が転がっている。

こんな穴のなかでセミは幼虫として7年間(!)も生きて樹液を吸って生きてきたのかと思うと、なんだかとても不思議な気持ちになる。

(ブログ記事執筆後にあらたに発見したセミの穴)

さなぎの状態から地上にはい出て脱皮して成虫へとメタモルフォーシス(=変態: 形態を変えるという意味)してからは、わずか1週間程度で死んでしまう。7年間の地中生活と7日間の地上生活その対比は 2,500 対 1 である!

(2017年8月に撮影したセミの穴 筆者撮影)


セミにおいては幼虫時代が圧倒的に長い。どうしても成虫の状態でのみセミを捉えがちだが、ほんとうは幼虫時代のほうがほんとのセミなのではないか?

ただ繁殖のためにだけ、「生命をつなぐため」に地上にでてくるのだ。そのためのメタモルフォーシス(=変態)であり、わずか1週間のあいだに繁殖目的の決戦状態となる。

カゲロウほどの薄命ではないが、そもそもセミやトンボ、そしてバタフライもそうだが、幼虫時代の長い、変態する昆虫とはいったいどういう存在なのかと考えてしまう。

毎年思うのだが、こんな根源的な問いに答えるのはきわめて難しい。

あなたは答えられますか?








PS 「夏休みの宿題」に「セミの穴」の観察を!

「夏休みの宿題」にお悩みのお子様をお持ちの親御さん、「セミの抜け殻」は当たり前すぎますよ! 狙い目は「セミの穴」ですね。

「セミの穴」の内部をファイバースコープつかってCCDカメラで撮影したりしたら、それはもうすごい「夏休みの研究」となるはず。

もうすでに実行した人もいるかもしれませんが、「セミの穴」も千差万別ですから、やってみる価値はあるでしょう。

(2017年8月10日 記す)






<ブログ内関連記事>

猛暑の夏の自然観察 (1) セミの生態 (2010年8月の記録)

アリの巣をみる-自然観察がすべての出発点!

書評 『土の科学-いのちを育むパワーの秘密-』(久馬一剛、PHPサイエンス・ワールド新書、2010)-「土からものを考える視点」に貫かれた本


足元を見よ!

足元の十字を見よ!-足元を見よ!①

足元の「G」に注目-足元を見よ!②

地面に点在する「モグラ塚」-足元を見よ!③


秋が深まり「どんぐり」の季節に

銀杏と書いて「イチョウ」と読むか、「ギンナン」と読むか-強烈な匂いで知る日本の秋の風物詩

マロニエはマロン(栗)にあらず




(2012年7月3日発売の拙著です)






Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end