「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2018 禁無断転載!



2017年11月5日日曜日

東京で日本美術関連の美術展の「はしご」を3館(2017年11月4日)-『ゴッホ展』(東京都美術館)・『北斎とジャポニスム』(国立西洋美術館)・『江戸の琳派芸術』(出光美術館)


昨日(2017年11月4日)、東京都内で日本美術関連の美術展の「はしご」を3軒ではなく3館実行。

まずは、上野公園から。『ゴッホ展-巡りゆく日本の夢 Van Gogh & Japan 』(東京都美術館)、2館目はおなじく上野公園内の『北斎とジャポニスム-HOKUSAI が西洋に与えた衝撃』(国立西洋美術館)、そして日比谷に移動して3館目『江戸の琳派芸術』(出光美術館)で締め。

3館も「はしご」すると、軽く1万歩を軽く超えていた。 美術館内の移動は徒歩によるものだから、当然のことながら、かなり歩くことになる。



『ゴッホ展』は、朝の9時半の開館直後であったが、ものすごい 人の数に驚く。ほんと日本人はゴッホ好きが多いのだなあ、と。自分はゴッホそのものよりも、ゴッホが多大な影響を受けた浮世絵がどんなもので、どんな風に影響を受けているのかを知りたかったのだ。

でも、画集でも見たことがなかったゴッホの作品多数を見れたのはよかった。やはり画集やネット画像とホンモノは全然違う。油絵のタッチは側面から見るとよくわかる。ゴッホは、浮世絵に見せられて多大な影響を受けているが、あくまでも油絵を描いているのである。


美術館めぐりのメインは、『北斎とジャポニスム』。こちらも外国人も含めて観客多し。日本の「開国」後に葛飾北斎が西洋美術界に与えた多大な影響を、具体的な作品をつじて探る試み。あらためて北斎について再認識させられる好企画。

画狂人・北斎といえば、ダイナミックな構図の『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』が日本だけでなく世界的にも有名だが、もっとも影響を与えたのは、じつは『北斎漫画』なのである。

一般庶民の生態や動植物、その他森羅万象を観察してスケッチした『北斎漫画』という構図集が、さまざまな絵画や彫刻、その他もろもろの美術品や工芸品に幅広く模倣され、創作をインスパイアしてきたという事実。「ありのまま」を描くということ自体が、当時の西洋の美術家たちには衝撃だったのだという。

北斎は「民衆派」として、19世紀の「共和派」が持ち上げたらしい。北斎の影響関係は、21世紀の現在、研究が進むにつれてさらに発見の範囲が広がっているようだ。

ポスターには、後ろ向きで腰のくびれに両手をあてたドガの踊り子と、北斎漫画の後ろ向きの相撲取りのスケッチが併置されているが、こういう影響関係は指摘されて初めてわかることだ。こんな例が、展示されている作品だけでも多数に上るのである。セザンヌもモネもゴーガンも、そしてもちろんゴッホも。

解説によれば、北斎は人体の骨格や筋肉の付き方を接骨から熱心に学んでいたのだという。同時代の西洋美術家が解剖学の知見を取り入れていたのと対比できることだ。

また動植物や自然描写も西洋の美術家たちは北斎から大きな影響を受けている。面白いのは、北欧の画家たちは、日本的な自然描写をすんなりと受け入れたらしい。もともと自然に親しむ傾向の強い北欧では、親和性が高かったようだ。

『図録』(3,000円)が欲しいところだが、大型すぎて参照するには便利ではないので、『ミニ図録』(1,300円)を購入(下図)。こちらなら机上において、いつでも眺めることができるので便利だ。研究用には、論文も収録されている『図録』を購入するとよいだろう。

(ミュージアムショップで購入可能な『ミニ図録』)

『ゴッホ展』と『北斎とジャポニスム』の2つの美術展を見て感じるのは、日本人がゴッホやその同時代の「印象派」などの西洋美術をいち早く受け入れたのは、もともと日本人の感性を油絵や彫刻で表現したものだから、ある意味では当然なんだなあ、と。

時代が立てば立つほど、日本と西洋のインタラクションが深まってきたわけだが、19世紀の西洋の美術家たちが受けた衝撃は、現代人には想像しにくい。あらためて考えてみる必要がありそうだな。

展示品のなかにフランスの海軍将校として来日した作家ピエール・ロティの『お菊さん』(マダム・クイザンテエム、1887年)があったが、すでに100年以上たった現在は、フランス人はマンガやアニメをつうじて日本と日本人のことはよく知っている。フランス人にとっての日本も、日本人にとってフランスも、もはやエキゾチズムの対象ではない。生活レベルに浸透し合っている。

明治時代以来の日本の洋画家たちはフランスを模倣し、同時代のフランスの美術家たちは日本を模倣していた。そして、両者は根本的な個性のちがいは残しつつ、融合していく方向へ向かうのだろうか?



浮世絵だけが江戸の芸術ではない。締めは『江戸の琳派芸術』でいってみる。

「琳派」というのは尾形光琳の系譜に連なる日本美術界の王道ともいえる存在。京都の尾形光琳の没後に、江戸で酒井抱一(さかい・ほういつ)や鈴木其一(すずき・きいつ)といった画家たちが継承して発展させたものが「江戸の琳派」。

王朝美を極限まで追求した「琳派」は、日本美術の極点といってもいいんじゃないかな。17世紀の俵屋宗達、18世紀の尾形光琳、19世紀の酒井抱一と鈴木其一というのがその系譜だ。

『江戸の琳派芸術』は、「八つ橋屏風」など出光美術館が所有するものを中心にしているが、そうでない屏風絵のなかに「はっと息をのむ」ような作品があった。酒井抱一の「青楓朱楓図屏風」(1818年 個人蔵)だ。大胆な構図に、鮮やかなまでの色彩のコントラスト。すばらしい!

庶民的な浮世絵版画が日本国内では消耗品として扱われていたのに、西洋では美術品として受け入れられただけでなく、現在に至るまで熱心なコレクターが存在する。

一方、大名や大寺院など裕福な発注者が作成を依頼した屏風絵は、西洋ではかならずしも人気が高いわけではない。もちろん、屏風絵は高価だからそう簡単にコレクションできるものではないこともその理由であろう。そもそもが「複製芸術」である浮世絵版画とのちがいである。ただし、「琳派」のデザインは西洋にも影響を与えている。日本では美術と工芸は分かちがたく結びついている。

美にかんする意識、つまり美意識というものは、そんなものかもしれないな。日本以外では屏風絵を目にすることはあまりないだろう。そもそもゴールド好きな西欧世界では、おなじく金箔のゴールドさは、際だったちがいとは認識されにくいのかもしれない。

現代に生きる日本人としては、浮世絵も屏風絵も、ともに日本的美意識が表現されたものとして受け取っている。だが、美術館で見るには、浮世絵版画はサイズが小さすぎるのが難点だ。

ともあれ、美術展は単独で鑑賞するのもよし、あるいは時間の限られた海外旅行者のように「はしご」で楽しむのもまたよし、かな?










<関連サイト>

『ゴッホ展-巡りゆく日本の夢 Van Gogh & Japan 』(東京都美術館)
・・2017年10月24日~2018年1月8日

『北斎とジャポニスム-HOKUSAI が西洋に与えた衝撃』(国立西洋美術館)
・・2017年10月21日~2018年1月28日

『江戸の琳派芸術』(出光美術館)
・・2017年9月16日~2017年11月15日







<ブログ内関連記事>

「ホイッスラー展」(横浜美術館)に行ってきた(2015年1月24日)-フランス人でもなく英国人でもないアメリカ人ホイッスラーの「唯美主義」と「ジャポニスム」
・・浮世絵を愛し大きな影響を受けたアメリカ人画家

「ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860~1900」(三菱一号館美術館)に行ってきた(2014年4月15日)-まさに内容と器が合致した希有な美術展
・・英国もまた日本びじゅつの影響を大きく受けアングロ・ジャパニーズ様式を生み出している。ビアズリーやオスカー・ワイルド。ワイルドは日本にあこがれていた

『ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画- 「マネジメントの父」が愛した日本の美-』(千葉市美術館)に行ってきた(2015年5月28日)-水墨画を中心としたコレクションにドラッカーの知的創造の源泉を読む

「春画展」(永青文庫)にいってきた(2015年12月2日)-公共スペースでの展示に風穴をあけた意義は大きいのだが・・・
・・江戸時代の日本では「浮世絵」といえば「春画」。「春画」は実用目的であったわけで

「没後150年 歌川国芳展」(六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリー)にいってきた-KUNIYOSHI はほんとうにスゴイ!
・・浮世絵は、そもそも長期保存を前提に製作されたわけではないので

『酒井抱一と江戸琳派の全貌』(千葉市美術館)の初日にいってきた-没後最大規模のこの回顧展は絶対に見逃してはいけない!

書評 『かわいい琳派』(三戸信恵、東京美術、2014)-「かわいい」という切り口でみた「琳派入門」のビジュアル本

『伊勢物語』を21世紀に読む意味
・・「若年層が特に志向しているのは平安時代の王朝文化に象徴される「京の雅」だ。この点は今後の日本の生活文化を占う上で非常に重要になる。 ・・(中略)・・江戸より京という傾向は若年層で鮮明だ」

書評 『若冲になったアメリカ人-ジョー・D・プライス物語-』(ジョー・D・プライス、 山下裕二=インタビュアー、小学館、2007)-「出会い」の喜び、素晴らしさについての本

書評 『明治のサーカス芸人はなぜロシアに消えたのか』(大島幹雄、新潮文庫、2015)-幕末の「開国」後、いち早く海外に飛び出したのは軽業師たちだった
・・浮世絵だけがアイーチストたちをインスパイアしたのではない!




(2017年5月18日発売の新著です)


(2012年7月3日発売の拙著です)






Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end