「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2018 禁無断転載!



2018年2月23日金曜日

甘くてうまい「たんかん」は4つに切ると食べやすい


教育諮問委員を務めている玉川学園より季節のいただきもの。鹿児島県南さつま市坊津町産の「たんかん」

玉川学園の創立者である小原國芳が、坊津出身のため、栽培農家に生産を依頼しているのだそうだ。例年は「ぽんかん」をいただいているのだが、今年は「ぽんかん」である。理由は定かではない。

ことしは九州も雪が多いので心配だったが、南国の便りをありがとうございます!


「たんかん」は、果実が皮から離れにくいので、そのままむくのは難しいが、4つに切ると皮をむきやすくて食べやすくなる。袋ごとそのまま食べると、甘くてうまいあまり酸味を感じない柑橘類である。ジュース代わりに、そのまま果実を食べるのも乙なものだ。

「たんかん」(桶柑)の原産地は、中国南部の広東省で、その後、台湾を経て日本の南西諸島に移植されたという。wikipediaの記述を引用しておこう。

タンカン(桶柑、短柑、学名:Citrus tankan)は、ミカン科の常緑樹。ポンカンとネーブルオレンジの自然交配種のタンゴール (tangor) の一種。
タンカンには「桶柑」(タンカン)の字があてられており、中国で行商人が木桶で持ち歩いたがこの由来とされる。また「短柑」、「年柑」などとも呼ばれる。中国広東省が原産地で、1789年に台湾北部の新荘に導入された。日本には1896年(明治39年)頃に台湾から奄美大島を始めとする南西諸島へ移植された。1929年(昭和9年)頃に本格的な栽培が始まった。現在の主な産地は中国広東省、福建省、台湾中・北部、日本の鹿児島県の屋久島、奄美大島などと沖縄県である。

じつは、これまでそれと知っていて「たんかん」を食べた記憶がない。もしかすると食べているかもしれないが、ネーブルと思って食べていたのが、「たんかん」だったのかもしれない。甘さがネーブルに似ているからだ。

いずれにせよ、南国のフルーツは甘くておいしいという点においては、「たんかん」もまた例外ではないということだ。


<ブログ内関連記事>

鹿児島産の「ぽんかん」を今年もいただいた

青いみかんは旬の果物-野菜に季節感がなくなったいまも果物には旬がある!

秋の夏みかん

イスラエル産スウィーティーの季節




(2017年5月18日発売の拙著です)



(2012年7月3日発売の拙著です)








Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end