「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2018 禁無断転載!



2018年3月11日日曜日

書評 『日本やきもの史入門(とんぼの本)』(矢部良明、新潮社、1992)-この入門書はわかりやすくて、しかも質が高い


別に骨董好きではないのだが、陶器の技術史的側面に関心があって『日本やきもの史入門(とんぼの本)』(矢部良明、新潮社、1992)を読んでみた。amazonで類書を探していて、この本が良さそうだったからだ。

この本は、面白くてじつに理解しやすいスグレ本だ。ビジュアル本で豊富なカラー写真と問答体スタイルなので読みやすい。 陶磁器は三次元構造物なので、ほんとうは二次元の画像ではリアルさに欠けるが、それは仕方がないこと。ホンモノを見るだけでなく、触って使い込んでみないと陶器は理解できないことは重々承知している。

著者は、東京国立博物館陶磁室長(出版当時)。いきなり「第一部 世界最古の土器は日本製!」という章で縄文土器の話から始まるが、その後の弥生時代以降は、先進技術文明である中国の陶磁器製作技術の影響などもからめた技術史的アプローチがよい。

 「第4部 世界が驚く桃山のやきものオブジェ」という章も読んでいて気持ちいい。技術もさることながら、茶の湯とのからみで美意識を重視した作品の数々抽象芸術としては西欧社会よりも400年早い!というのは、日本人としてはうれしいではないか!

秀吉の朝鮮出兵後に朝鮮の陶工たちが大量に日本に来たのは、技術者を必要としていた九州の諸大名が誘致したからだという説明には納得。技術移転は人間の移動をともなうものであり、来日した陶工たちにとっても歓迎される土地の方がよかったのだろう。

そのほか、さりげなく知見の数々が紹介されており、入門書にしては質が高い

 一読して、なんとなく日本の陶器の歴史がわかったような気持ちになった。現在は「品切れ重版未定」のようだが・・・。ぜひ重版するか、あるいはサイズを小さくして文庫版で復刊するべきだ。






<ブログ内関連記事>

『ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画- 「マネジメントの父」が愛した日本の美-』(千葉市美術館)に行ってきた(2015年5月28日)-水墨画を中心としたコレクションにドラッカーの知的創造の源泉を読む 
・・「青年期まで過ごしたウィーンやフランクフルトなどで接していた、第一次世界大戦と同時代の「ドイツ表現主義」が実現できず終わったことを、すでに江戸時代の日本人が禅画で実現していたというドラッカーの発言」

書評 『若冲になったアメリカ人-ジョー・D・プライス物語-』(ジョー・D・プライス、 山下裕二=インタビュアー、小学館、2007) 
・・テーマ性で収集したドラッカーとは異なり、埋もれていた一人の絵師の作品に惚れ込んだアメリカ人コレクターによるコレクション

「縄文多空間 船橋市飛ノ台史跡公園博物館」(船橋市海神)にはじめていってみた(2016年5月21日)-海辺の小高い丘に居住していた縄文人たちの痕跡。7000年前の「縄文早期」に思いをめぐらす

書評 『ニシンが築いた国オランダ-海の技術史を読む-』(田口一夫、成山堂書店、2002)-風土と技術の観点から「海洋国家オランダ」成立のメカニズムを探求




(2017年5月18日発売の拙著です)



(2012年7月3日発売の拙著です)








Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end