「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2011年6月15日水曜日

【アタマの引き出し】のつくりかたワークショップ を開催します (2011年7月5日 19時 東京八重洲)


    
 【アタマの引き出し】のつくりかたをテーマにした、「外部向けの対話型ワークショップ」 を開催させていただくこととになりました。2011年7月5日(火)19時から東京八重洲で開催します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アタマの引き出し】のつくりかたワークショップ

 -「アタマの引き出し」は誰にでもある!? 
 - どうやって「アタマの引き出し」を増やすのか体感してみよう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<はじめに>

初対面の人と会話しているときに、「アタマの引き出し」がもっとあったらなあとか、上司からもっと「アタマの引き出し」を増やせとか言われたことはありませんか?

「アタマの引き出し」とは、対面コミュニケーションの際に、話題になっている事柄についての知識や情報のことを指した比喩的(ひゆてき)な表現のことですね。

何を隠そう、わたしは机のまえに座ってする「勉強」は子ども頃から嫌いです。でも「学ぶ」のは大好きです。「遊ぶ」のはもっと大好きです。
そんなわたしは、世界中どこへいっても、初対面のどんな人とでも話題をあわせる自信があります。では、なぜそんなことが可能になったのでしょうか?

ワークショップのテーマは「アタマの引き出し」のつくりかた。通常のセミナーではなく「対話型のワークショップ」を開催することにしたのは、みなさん自身のなかに、「アタマの引き出し」がすでにあることを「対話」をつうじて実感していただいきたいからなのです。あとはどう増やすかがカギになります。

これまでも個別に相談されることの多かった「アタマの引き出し」のつくりかた、ご要望にお応えして、今回はじめて外部向けのワークショップとして開催させていただくこととなりました。

「アタマの引き出し」がもっとあったならなあ、「アタマの引き出し」はどうやったら増やすことができるのかなあ、と日頃考えているみなさん、最初から最後まで考え、出席者全員の発言に耳を傾け、しゃべりつづけることになるワークショップを、「大人の学び」として一緒に体験してみませんか?

しゃべりたい、発言したいという「人間の根源的欲求」をみたしてくれるワークショップに参加して、さまざまな「気づき」を得ていただければと考えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このワークショップに参加してほしい人は・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

✔ 「アタマの引き出し」を増やせといわれるが、方法がわからない人
✔ 「アタマの引き出し」を増やすメカニズムに興味がある人
✔ 「アタマの引き出し」を増やしてビジネスを超えた深い交流をしたい人

営業担当として「引き出し」を増やしたい、接客業として「引き出し」を増やしたい、企画担当としてアイデアをひらめくための「引き出し」が増やしたい、「引き出し」を増やして上司や部下とのコミュニケーションをスムーズなものにしたいなど、さまざまな悩みや目標がおもちですよね。

このワークショップでは、一対一で行う二人一組の対面型のワーク、それにワールドカフェなどさまざまな手法を使うことを考えています。目安としては8割がワークと対話セッション、のこり2割がレクチャーを考えています。わたしはファシリテーター役に徹します。

参加資格は日本語がしゃべれること、それだけです。年齢もバックグラウンドもいっさい問いません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このワークショップに参加した後、あなたは、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☑ 「アタマの引き出し」を増やす方法がわかり 
☑ 「アタマの引き出し」ができるメカニズムも理解できて、
☑  豊富な「アタマの引き出し」で、仕事も人生も豊かになる

すくなくとも、「アタマの引き出し」がほかの誰でもない、コンピュータのなかでもない、まさに自分自身のなかにあることが実感されることと思います。
間違いなく、自分に自信がつくことでしょう。


***********************************************************************
開催日時: 2011年07月05日(火) 午後7時~9時(開場6時半)
 「ワークショップ」のあと「コンヴィヴィウム」(Covivium:飲食をともにする交流会)も実施します(会費は別途)。引き続き御参加お願いします。
*ワークショップ会場では飲食ができませんので悪しからずご了承ください。

会場: TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター ミーティングルーム3B
東京都中央区京橋2-3-19TKP八重洲ビルTEL:03-6202-6100


アクセス: JR 東京駅(八重洲口)より 徒歩5分。銀座線 京橋駅(7番出口)より 徒歩2分。都営浅草線 宝町駅(A5番出口)より 徒歩4分。有楽町線 銀座一丁目駅(7番出口)より 徒歩5分

地図:http://tkptokyo-cc.net/access.shtml

参加費用: 1,000円(今回限りの特別価格です! 当日会場でお支払いください 領収書をご用意いたします)

持参するもの: とくに持参が必要なものはありませんが、ワークのなかで携帯電話やスマートフォンの「検索機能」を使うことがあると思いますので、あらかじめ、グーグル検索ができるように設定しておいていただけると幸いです。

*なお、会場のスペースに限界がありますので、申し訳ございませんが 10名様限定 とさせていただきます。早めのお申し込みをお願いいたします。
***********************************************************************

 フェイスブックの「イベントの案内」  http://www.facebook.com/event.php?eid=214702011894159 もご覧ください。

 お問い合わせ、参加申し込みは、上記のフェイスブックの「イベント」ページから、あるいは直接メールでご連絡してください。

■メールアドレス: ken@kensatoken.com (すいませんがコピー&ペーストでお願いします)
■ツイッター(メッセージ機能)http://twitter.com/#!/kensatoken1985

 ぜひ御参加お待ちしております!
 



Clip to Evernote