「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2014年11月23日日曜日

ヘクソカズラ(=屁糞葛)というスゴイ名前の植物は、日本中いたるところに生えている


秋になると茶色いつぶつぶの実がなっているので目に入ってくる植物がある。

葉っぱの形や、つるになっていること、実のつぶつぶ具合から、もしかしてヤマノイモかなという一瞬思って見たりもするが、ヤマノイモの場合はタネが入っている実ではなく、子芋がなるので違うのである。

そう、これはヤマノイモではない。ヘクソカズラである。

ヘクソカズラは漢字で書くと屁糞葛。屁に糞でヘクソ。スゴイ名前である。葉や茎に悪臭があることから、そう名付けられたという。アカネ科ヘクソカズラ属の蔓性多年草である。

ヘクソというと、ヘクサゴンというコトバを想起する。ヘクサゴン(hexagon)は六角形のことだ。音の響きが悪いねえ。ギリシア語なんだが。

このほか「クソ」を含むコトバにはタクソノミー(taxonomy)というものもある。これは分類(学)という意味だ。これもギリシア語が起源。タックス(tax)を含んでいるが、税金学ではないので念のため。

どうもギリシア語には X(クス)音を含んだ単語が少なくないようだ。日本語は、この X(クス)音に母音がつけてさまざまなコトバを作り出しているが(・・正確には ks ではなく kus)、クサ(草)、クシ(串、櫛)、クス(楠)、クセ(癖)、クソ(糞)と並べてみると、それぞれ関係がありそうな気もしてくる。クスを濁音化するとクズ(葛)、グズ(愚図)となる。

コトバの響きというものは、ポジティブなものばかりではない。だが、ネガティブな響きをもった名前こそ生命力が強いといえるかもしれない。いわゆる悪名というやつだ。憎まれっ子世にはばかる、というコトワザもある。

ヘクソカズラもまた、日本中どこにでもある、じつに生命力の強い植物である。





<ブログ内関連記事>

書評 『お馬ひんひん-語源を探る愉しみ-』(亀井孝、小出昌洋=編、朝日選書、1998)-日本語の単語を音韻をもとに歴史的にさかのぼる

書評 『漢字が日本語をほろぼす』(田中克彦、角川SSC新書、2011)-異端の社会言語学者・田中克彦の「最初で最後の日本語論」

世の中には「雑学」なんて存在しない!-「雑学」の重要性について逆説的に考えてみる

「植物学者 牧野富太郎の足跡と今(日本の科学者技術者シリーズ第10回)を国立科学博物館」(東京・上野)にいってきた



(2012年7月3日発売の拙著です)












Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!




end