「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2015年10月4日日曜日

ウニクム(unicum)は、ハンガリーの "養命酒" で "国民酒"

wikipediaドイツ語版より)

ウニクム(unicum)は、ハンガリーの "養命酒"。独特のズングリした丸いボトル。丸いというより球体というべきか。アルコール度数40℃のハーブ酒である。甘苦いというか、苦甘いリキュールである。

ハンガリーといえば、明治天皇にも献上されたという、甘い白ワインのトカーイ(Tokaji)が日本でも知られているが、ウニクムはハンガリーの "国民酒" といってもいいだろう。ボトルの下部にある ZWACK(ツヴァック)とは醸造業者の名前である。

ハンガリーなら、いたるところに「ウニクムあります」という看板(下の写真)がでているし、スーパーマーケットでもひときわ目立つコーナーで当たり前のように販売されている。アペリティフ(=食前酒)として消化促進のためにも飲まれる、という。二日酔い対策にもなるというが、その用途は試したことはない。

(ギリシア料理店の店頭 ハンガリーにて筆者撮影)

滋養強壮を目的とした薬用酒といえば、日本では沖縄のハブ酒がある。猛毒性の蛇ハブを泡盛に漬け込んだもの。ハンガリーのウニクムはハーブ酒。ダジャレというわけではないが、なんとなく味はハブ酒と似ている。

ポーランドのウォッカのズブロッカ(Żubrówka)には薬草のバイソングラスが漬けられているが、ハンガリーのウニクムは薬用のハーブを40種類以上も漬け込んで、オークの樽で熟成されるのだそうだ。もちろん、レシピは秘伝中の秘伝とのことだ。

わたしは前回ハンガリーに行った際にスーパーマーケットで購入したものを、ときどきチビチビやっているが、そんなウニクムが並行輸入品として日本でも購入できることを知った。ありがたい。

みなさんも一度は試してみるといいでしょう。






<関連サイト>

Unicum (wikipedia英語版)

Zwack Facebook Page (英語版)


<ブログ内関連記事>

in vino veritas (酒に真理あり)-酒にまつわるブログ記事 <総集編>


ハンガリー関連

映画 『悪童日記』(2013年、ハンガリー)を見てきた(2014年11月11日)-過酷で不条理な状況に置かれた双子の少年たちが、特異な方法で心身を鍛え抜きサバイバルしていく成長物語

ハンガリー難民であった、スイスのフランス語作家アゴタ・クリストフのこと

ハンガリー映画 『人生に乾杯!』(2007年)-年金問題は社会問題ではあるが、個人個人の人生にとっての大問題

ハンガリーの大平原プスタに「人馬一体」の馬術ショーを見にいこう!




(2012年7月3日発売の拙著です)










Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end