「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2015年11月22日日曜日

ひさびさにカラスウリを見つけた-晩秋になるとオレンジ色に熟したカラスウリが目に入る

(見事なまでにオレンジ色に熟したカラスウリ  筆者撮影)

カラスウリをひさびさに発見した。

この時期になると、熟して真っ赤に(・・正確にいうとオレンジ色に)染まるので、いやでも(?)目に入ってくる。ホオズキのようなオレンジ色というか、ハロウィーンのパンプキンのような見事なオレンジ色である。

といいたいところだが、なぜか近年は見たという記憶がない。

子ども時代は、都会に住んでいながらも、よく目にしたものだが、大人になってからはそんな機会が減ったためか、それとも都市部では見なくなったからなのか。カラスウリを目にしたことはほとんどなかった。

カラスウリを見たのは廃屋の前である。最近は都市部の市街地でも住人がいなくなって放置されたままの空家が少なくない。そんな廃屋の壁に蔓をはわせていたのがカラスウリであった(・・下の写真)。

(11月には珍しく、右下にはまだ熟していない実も  筆者撮影)

カラスウリは、熟してオレンジ色になる前は、ラグビーボール型のスイカのような形態である。スイカをミニチュア化したような感じだ。

西洋野菜のズッキーニが、きゅうりのような形をしているものの、ウリ科カボチャ属に分類されるカボチャの仲間だということを考えると、熟すと見事なオレンジ色になるカラスウリもカボチャの仲間思うかもしれないないが、カラスウリはカボチャ属ではない。

しかもカラスウリは、日本に自生する植物だ。

(熟す前のカラスウリはラグビーボール型スイカ  筆者撮影)

なぜカラスウリというのかは知らないが、おそらくヘビイチゴと同じたぐいの命名法によるものだろう。ヘビイチゴは野いちごの一種だが、べつにヘビが食べるというわけではない。カラスウリもカラスが食べているのは見たことがない。

カラスウリはいったいどんな味がするのだろうか、そんな疑問をじっさいに試してみた人がいるようだ。「カラスウリの実は食べられるのか」という質問が国会図書館の「レファレンス協同データベース」に登録されている。

解答は、「カラスウリは、実や葉、根を食すことができる。」、というもの。データベース記載の文章によれば、以下のような記述が、『有用草木博物事典』に掲載されているのだそうだ。

●飢饉の際にはカラスウリの塊根からでんぷんを取り、餅にしていた
●塊根から取れたでんぷんを、粥に混ぜていた
●キカラスウリは甘くそのまま食用となる
●青く若い果実は塩漬けや粕漬けにする

この時期にオレンジ色した果実といえば柿の実があるが、タテに細長い形だと渋柿ということになる。渋柿は皮をむいて干せば干し柿になるが、さてカラスウリはどうなのかな?

「プディングの味は食べてみなければわからない」(The proof of the pudding is in the eating.)というコトワザが英語にはあるが、さすがにカラスウリの粕漬けを食べたいとは思わないなあ・・・。





<ブログ内関連記事>

ヘクソカズラ(=屁糞葛)というスゴイ名前の植物は、日本中いたるところに生えている ・・ヘクソカズラは秋にヤマイモのような実/をつける

ウィステリアとは日本の藤(ふじ)のこと-アメリカでは繁殖力の強い「外来種」として警戒されているとは・・・

すでに5月にアジサイの花-梅雨の時期も近い

葛の花 踏みしだかれて 色あたらし。 この山道をゆきし人あり (釋迢空)

「よもぎ」は雑草か?-価値観が反映するものの見方について

セイタカアワダチソウは秋の花-かつて気管支喘息や花粉症の元凶だとされていたが・・・
・・これは外来種

世の中には「雑学」なんて存在しない!-「雑学」の重要性について逆説的に考えてみる
・・「自然界には雑草なんて存在しない、人間が勝手に分類しているだけだ」。かつて昭和天皇がこのような趣旨のことをクチにされていた、という」




(2012年7月3日発売の拙著です)










Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end