「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2020 禁無断転載!



2019年6月17日月曜日

映画 『マトリックス三部作』を一気に視聴(2019年6月15日)-いま生きているこの現実は仮想現実という設定が哲学的で仏教的だ


昨日(2019年6月16日)は、雨の休日なので終日籠城して映画『マトリックス』三部作をぶっつづけで視聴。 メガヒット作でありながらリアルタイムで見ていなかったので、なんと映画公開から20年たってから初めてまともに見たことになる。

『マトリックス』(1999年、136分)『マトリックス リローデッド』(2003年、138分)『マトリックス レボリューションズ』(2003年、129分)合計で403分、つまり約6.7時間。それに加えて特典映像など。

通して視聴したみての感想は、やはり第1作の『マトリックス』が圧倒的に面白いということだ。第2作と第3作は、とおして見ると、なるほど「マトリックスの世界観」というものが理解できる。とはいえ、映像はすばらしいのものの、内容的にはなんだかありきたりの戦争ものSF映画というかんじで、それほど面白くは感じなかった。第3作のラストはよかったが・・。 




第1作の『マトリックス』が面白いのは、いまわれわれが生きている「現実」は、じつはプログラムされた「仮想現実」なのだという設定にある。ほんとうの「現実」は、「仮想現実」と隣り合わせで存在する。「現実」というものの存在・非存在という哲学的なテーマが面白いのだな、と。 自分が生きているのは「仮の世界」というのは、きわめて仏教的である。「般若心経」的である。


その「現実」と「仮想現実」を行ったり来たりする設定が第1作の真骨頂なのだが、これが第3作ではまったくなくなってしまうので、つまらなく感じてしまうのだ。

どんな作品もそうだが、第1作がヒットしないと第2作も第3作も制作されないので、ある意味では当然ではあるのだが・・。

もちろん、主演のキアヌ・リーブスがカッコいいことは言うまでもない。第1作の丸坊主シーンもよし、第2作と第3作のロングコート姿もいい。主演女優のキャリー・アン=モスも、ほれぼれするようなカッコよさだった。

このあと、さらに続けて『リトル・ブッダ』(1993年)を視聴した。若き日のキアヌ・リーブスがシッダールタ王子の役で出演している。



PS 気に入ったセリフをメモとして記しておく

Your mind makes it real.  

Ignorance is bliss.  

There's a difference between knowing the path and walking the path.





<ブログ内関連記事>

「シャーリプトラよ!」という呼びかけ-『般若心経』(Heart Sutra)は英語で読むと新鮮だ

映画 『リトル・ブッダ』を全編とおしでDVDでひさびさに視聴(2019年6月15日)-チベット仏教と輪廻転生について考えるために

『新世紀 エヴァンゲリオン Neon Genesis Evangelion』 を14年目にして、はじめて26話すべて通しで視聴した




 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)






Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!






end