「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2009年11月28日土曜日

タイのあれこれ (22) タイのCMにみる日本などなど




 かたい話が続いたので、ここらへんでちょっとCMタイムといたしましょうか。

 バンコクでTVをローカル放送のチャンネルでつけっぱなしにしたまま他のしていると、突然日本語の音声が流れてきてびっくりすることがあるんですねー

 ある日、いきなりアニメの「一休さんのテーマ曲」が日本語歌詞のまま流れてきてります。なんと、アニメの放送ではなく、CMだったのでした。

 タイのTVで、「ウルトラマン・タロウのテーマ曲」を日本語で聴いたときには感動したものです。作詞は阿久悠なんですね、テーマ曲は吹き替えなしでそのまま放送してます。

 CMでもへんちくりんな日本語ではなくて、ちゃんとした日本語なので、余計にびっくりするわけです。

 そんなCMをいくつか紹介しておきましょう。笑えるのもるし、洗練されたのもある。

 こんなCMをつうじて、いまのタイ人が、とくにバンコクのタイ人が日本をどう見ているのか、よくわかると思います。

 その昔、田中角栄首相が訪タイした際に、激しい反日運動が起こったなんてこと、もう日本人もタイ人も、誰も覚えてないんでしょうか。いまから40年近く前の話です。

 日本語を全面に出しているのは、日本企業のCMが多いですが、タイ企業も日系以外の外資系企業も、なんらかの形で"日本"(イップン)をウリにしている会社や製品がありますね。

 すでに"高度消費社会"となっているバンコクの生活シーンをかいまみる、またとない素材にもなっっているといっていいでしょう。


 ではまず OISHI のCMから。「おいしい」という社名の、日本を売りにしたタイの食品会社です。日本の資本はまったく入ってません。

OISHI ① 
 スッゴーイ内容ですね。驚くでしょ。タイではシャブシ(=しゃぶしゃぶ+すし)で有名。
OISHI ② 
 OISHI製品を食べてタダで日本へ行こう!というキャンペーンCM。社長自ら機長に扮してCMにでています。目立ちたがり屋ですねえ、でも辣腕のビジネスマンです。


 では次に、日本のキリンのペットボトルお茶の製品「生茶」(なまちゃ)のCM

KIRIN 生茶 ①
生茶先生バージョン。パンダの生徒たちがかわいいですねー、でも中国じゃなくて日本のCM
KIRIN 生茶 ②
 "タイの国民歌手"バード・トンチャイが、日本旅行で温泉宿へ。

 いくつになっても美青年ぶりが崩れない、日本でいえばジャニーズ事務所のお兄さん格、元少年隊の東山のようなバードです。たしかもう50歳を過ぎてるんですがねー

 『クーガム』(1995年)で日本の海軍中尉コボリ役を演じた際は、日本語を猛特訓したとか。サントラ・アルバムのなかでは、なんと「同期の桜」を日本語で歌っています。


 今度はオランダのコーヒーメーカー MOCCONA社の製品CMから。

MOCCONA TRIO "タイのはにかみ王子"アイスが登場。でも、日本色を全面に出すのが目的ではないようですね。タイのアイドル・スターが日本デビューで成功、というのがタイ人にもうれしいのかな、それを狙ったもの。日本語とタイ語の違いで笑いをとります。

 では、次はがらっと変わって、かなりエグイCMを。あらかじめご了承いただきたく。

Salz Habu Toothpaste 
 ライオンの歯磨き粉「ザルツ」。いやあ、エグイなあ、臭ってきそうな黒田節・・・すんまへん。

Shokubutsu for MEN 
 同じくライオンの製品ブランド 「植物物語」、こちらはメトロ・セクシュアルな美青年で。

「マキアージュ」  
 資生堂の製品ブランド「マキアージュ」。伊東美咲も登場してますねー、口直しになりましたでしょうか。

KTC JCB カード
 金城武(?)が日本語のセリフで、カッコおいいですねー。これはかなり洗練されたCMですね。クルンタイ・カード(KTC)とJCBの合弁企業です。

 いやあ、タイのCMも実にバラエティが広くて面白いですねー
 日本を全面に出したマーケティングがこれほど有効な国もないのではないでしょうか。
 
 ついでといってもなんですが、かならずしも日本がらみでなくても、実におもしろおかしいCMが豊富にあるのがタイのTVです。

 米国流のマーケティングと日本流のマーケティングのいずれか、あるいは両方の影響がみられて面白いですね。米国流が東京風の洗練されたものだとしたら、日本流は関西ノリですね。もちろん、簡単に分類はできませんが。

 とにかく、コトバはわからなくても、笑えるCMが多い。

 タイスキのチェーン店MK(エムケイ)のコマーシャル。日本ではCOCA(コカ)が有名ですが、店舗数の数においては圧倒的にMKが一番の人気店です。MKといえば京都ではタクシー会社の名前ですがお間違えなく。

MK ①
 店舗編。CMにも一部でてきますが、従業員が全員で踊るショータイムがあるのもMKの面白いところです。
MK ②
 タイスキ・セットのホームデリバリーサービス編。タイ語で数字の5は、ハーと発音します。ダジャレ系。
MK ③
 MKゴールド。華人系の小金持ち階層のようですね。
MK CM ④
 高校生の友情編。心温まる内容です。
 
 では次にB級CMから。

殺蚊剤ターター
 これは笑える!のキンチョールのCMにもこんなのがあったような気が・・。30秒バージョンはもっと面白いんですが、だれかアップしてくれないかな。東南アジアでは、蚊が媒介するデング熱は要注意です。

のど、ハナ、スッキリ! ホールズのど飴 
 タイの庶民には、こんなかんじの太ったおばちゃんがいますね。タイの女は強し。わかりやすいCMですね。これも日本では俳優の大泉滉が夫婦ででていたCMを思い出します。貧弱な夫にふとった奥さん。ダメおやじにオバタリアン。

激辛スナック TWISTIE
 この極端な誇張は、わざとらしいけど笑えますねー。ヒィ~ああ辛そう。

 最後に、ネスカフェのCMを。

NESCAFE Three in One
 さすがに欧米風で洗練されてますね。バンコクの外資系企業(・・日系ではなく、欧米系!)のオフィスのような)にて。やや、ひねった笑い。コーヒーが飲みたくなってきましたね。

 さあて、どうだったでしょうか。

 みなさんも、タイにいったらまず、ローカル局のTVをみてみましょう。タイのおもしろCM探してみてください。

 もちろん、YouTube にもいろいろアップされてますよ。


P.S.

インターネット TV でタイの TV がリアルタイムで見れます。
このファイルをクリックして見たいTV局を選んで下さい。ただしこのサイトは英語です。
http://wwitv.com/portal.htm?http://wwitv.com/television/204.htm
(2010年1月27日)



* タイのあれこれ(23)につづく。ついでに番外編もどうぞ



<ブログ内関連記事>

タイのあれこれ (3)-新聞という活字メディア
・・タイの外資系(日系含む)ビジネスパーソンは英字新聞を読む


「タイのあれこれ」 全26回+番外編 (随時増補中)                   
     





end