「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2011年3月5日土曜日

春を告げるスイセンの花とナルキッソスの神話





 水仙(スイセン)の花が咲いているのを見つけた。スイセンは春を告げる花である。

 スイセンの花というと、黄色をはじめとしてもっとカラフルな品種も多いが、撮影したスイセンは、もっとも素朴なもの。「日本寒水仙」と呼ばれている品種のようだ。

 この「日本寒水仙」は、日本でも日本海側には自生しているということをどこかで読んだ記憶がある。海の彼方から飛んできたタネが根を下ろしたのか、海流で流れ着いた球根が根を下ろしたのかわからないが、いまでは海岸に自生するに至っているようだ。スイセンは、ヒガンバナ科に属する多年草である。

 スイセンは英語では Narcissus という。これはギリシア神話のナルキッソスからきたものだ。ナルキッソスの神話とは、こういうお話だ。

 ナルキッソスは、他人を愛せない美少年。ある日水面を見ていると、水中に美少年がいた。それは、もちろんナルキッソス本人なのだが、それに気がつかない美少年ナルキッソスは一目惚れ。現実と幻影の区別が出来なくなったナルキッソスは、やがてついにはやせ細って死んでしまう。そして、そのあとにスイセンの花が咲くようになり、その花はナルキッソスにちなんで名前がつけられた、と。

 自己愛のことをナルシズムというが、ナルシズムの起源と、スイセンの花の命名の起源がツーインワン(Two-in-One)で語られた神話である。スイセンが海岸など水辺に多く生えているからこそ生まれた神話なのであろう。

 「うぬぼれ」「自己愛」「エゴイズム」が、スイセンの花言葉だというが、可憐にさく「日本寒水仙」にはあまり似合わないような気がする。冬の寒さを耐えていち早く咲くというけなげな(?)イメージこそふさわしいと思うのだが・・・

 春を告げるスイセンの花とナルシズム。いっけん何の関係もなさそうな2つの事柄のあいだに存在する「見えないつながり」について考えてみるのもいいかもしれない。



<ブログ内関連記事>

葛の花 踏みしだかれて 色あたらし。 この山道をゆきし人あり (釋迢空)

キンモクセイの匂いが心地よい秋の一日

秋が深まり「どんぐり」の季節に

冬のたんぽぽ 冬のライオン

(2014年8月25日 情報追加)






(2012年7月3日発売の拙著です)









Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end