「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2011年3月23日水曜日

We're in the same boat. 「わたしたちは同じ船に乗っている」


                
 「東北関東大震災」(2011年3月11日)が発生してから、すでに13日目となった。しかし、依然として余震が続いている。こんなの初めてだ。

 飲んでもないのに「船酔い」のような状態がずっと続いているので、正直なところ気持ち悪い。

 パニックにならないように、「浮き足立つな!」などといわれているので、仰せの通り実際に「地に足をつけて」みると、微弱な揺れがカラダ全体に伝わってくる。自分が揺れているのか、地面が揺れているのか・・・。イスに座って、パソコンに向かって書いているいまこの現在も、微弱な揺れがカラダ全身に伝わってきて、めまいに似た状態だ。

 「余震酔い」といったらいいのだろうか、大きな揺れが来るのは怖いが、小さな揺れが間断なく続いている状態も、心身ともによろしくない。精神的にもくたびれる原因になっている。まるで「船酔い」状態である。吐き気まではしないが、なんだかめまいがする。

 英語の慣用表現 We're in the same boat. は、直訳すれば「われわれは同じ船に乗っている」という意味になる。

 語学参考書などでは、「呉越同舟」という中国故事がそれに該当するとしているものも多いが、私はこの表現はすなおに受け取ったらいいと思う。敵味方に関係なく、「われわれは同じ船に乗っている」のだ。

 「東北関東大震災」は、東北を中心に関東でも同時多発的に発生した地震の総称である。

 現時点にいたるまで、東北だけでなく、関東の広い範囲で余震が続いている。ある意味では、東北と関東の人間は、同じ船に乗っているようなものなわけなのだ。

 「おたくはきょうは停電ですか?」、「ええ、うちは第2グループなんで、午後から停電なんですよ~」なんて会話を電話でするのも、病気自慢(?)のお年寄りどうしの会話みたいで、なんだかちょっとおかしい。

 こういうときに使うのが We're in the same boat.

 「同じ船に乗っている」のは、偶然の結果かもしれないが、乗り合わせているという事実はそのまま受け止めるしかない。

 われわれはみな「地震列島という同じ船」に乗っているのだ。太平洋プレート、フィリピン海プレート、ユーラシアプレート、北アメリカプレートという、4つのプレート(地球の表面をおおう岩盤)が集まるところに日本列島は乗っかっている。

 余震からくる「船酔い」に苦しみながら。ある意味では「運命共同体・日本丸」に乗り合わせているというわけだ。だからこそ「連帯」しなくてはならない。

 積極的であれ、消極的であれ、この事実を認めることから「日本復興」は始まるのだ。


(*冒頭に掲げたプレート図は、wikipedia のものを使用した)



<ブログ内関連サイト>

3月11日に発生した「東北沖大地震」について (2011年3月12日)

「東北関東大震災」は M9.0 規模であった・・・(2011年3月13日)

国民の一人一人が「勇気」 をもって、この危機を共に乗り切ろう! (2011年3月14日)

地震、津波、原発事故、そして財政危機。「最悪の事態」を想定しなければならない状態になっているが・・・(2011年3月15日)

トップに立つ人のコトバが、末端にいるすべてのメンバーに届くものになっていますか?
・・陛下は科学者らしく「東北地方太平洋沖地震」という名称を使用しておられる

「非常時」には「現場」に権限委譲を!-「日本復興」のカギは「現場」にある

【緊急提言】 「大震災」のネーミングについて-報道機関は 「東北関東大震災」に統一すべきだ!・・(2011年3月20日)

たとえささやかでも 「被災者」になるという経験をすると、 「マズローの法則」 が真に実感できるようになる・・(2011年3月21日)




Clip to Evernote