「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2012年11月10日土曜日

瀬戸内海を広島から松山までフェリーで渡り、高速バスで瀬戸大橋を渡って岡山へ(2012年10月30日~31日)-物理的な距離感と心理的な距離感に違いについて

(瀬戸大橋を渡る)

先週の2012年10月25日から11月3日まで、「西日本縦断ツアー」と銘打って、拙著 『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』(こう書房、2012)のプロモーションを兼ねて、鹿児島から京都まで高速バスをつかった長旅を行った。

鹿児島から広島、そして瀬戸内海をフェリーで渡って10月30日には松山、そのあとは陸路で瀬戸大橋をわたって10月31日に岡山に入った。つまり瀬戸内海を2回横切ったことになる。

広島、松山、岡山でいろんな人としゃべってわかったことがある。物理的な距離感と心理的な距離感に違いがあるということだ。

四国の香川県と中国地方の岡山県は、瀬戸大橋でつながっているので物理的にも心理的にも近いのは納得のいくことだ。自動車でも電車でも気軽に往復可能である。

それに対して、広島と松山の心理的距離が拡がっているという。広島と松山は瀬戸内海をはさんで対岸にあるが、結局のところ橋はかからないまま現在に至っている。

広島からみれば、同じ中国地方の山口や岡山はいうまでもなく、対岸の四国の松山も広島経済圏のなかにあるようだが、それほど関心がつよいわけではなさそうな印象をもった。


広島と松山をつなぐのはフェリーである。クルーズフェリーなら所要時間 2時間40分で片道 3,500円、スーパージェットなら 1時間15分程度で片道 6,500円。いずれも運行は瀬戸内海フェリーで、大半の便は呉にも寄港する。


松山を起点に考えると、一泊二日の予定でスーパージェットで広島へ往復するよりも、飛行機で東京にいくのと値段的にはほとんどかわらないという話を聞いた。

つまり対岸の広島は東京よりも遠い存在になっているということだ。



そういう話はさておき、フェリーで海を渡るというのは、急いでいるわけではない旅行者にとってはじつに気持ちいい。10月も末となると海風も冷たいが、白い航跡をみせながら走るフェリーから海を眺めるのは気分がいい。



もちろん、瀬戸大橋を走るのはじつに気持ちがいい(写真上)。

いままで四国には淡路島経由でしか行ったことがなかったが、今回やっと広島と松山間のフェリーと、瀬戸大橋を体験できた。

できれば瀬戸内海は南北の横断だけでなく、東西に横断してみたいのだが、大阪と上海間のフェリーしかないようだ。ただしまるまる二日間も海のうえにいるのは退屈な気がしなくもないな。

ところで、松山訪問ははじめてであり、愛媛県じたい訪問するのは今回がはじめてであった。

これであと残すは高知県のみ。高知県に足を踏み入れれば、1都2府47県のすべてに行ったことになるのだが、はたして実現するのはいつになるのだろうか。


<関連サイト>

瀬戸内海といえば小柳ルミ子。当時18歳の歌声はすがすがしい。

「瀬戸の花嫁」 
「私の城下町」 

瀬戸内海汽船(フェリー運航会社)


『秘密のケンミンSHOW』でも 注目の「岡高地区」 岡山・香川の特殊な電波事情(ウェッジ 2012年12月6日) 2012年12月11日 追加


<ブログ内関連記事>

「西日本縦断ツアー」(2012年10月27日~11月2日)の全日程を終了しました-10日間のあいだに考えたこと




(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end