「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2012年12月6日木曜日

「人間五十年 化天のうちを比ぶれば 夢幻の如くなり」(織田信長)-五十年を生きることのなかった信長、そして敦盛と直実を思う




「人間五十年」と書いて「じんかん・ごじゅうねん」と読む。ついつい「にんげん・ごじゅうねん」と読んでしまいがちだが、じつは誤りである。

京都の本能寺で命を落とすよりはるか前、桶狭間(おけはざま)の戦いを前に織田信長が舞った幸若舞(こうわかまい)の一節である。

「人間(じんかん)五十年 化天(げてん)のうちを比ぶれば 夢幻(ゆめまぼろし)の如くなり」。

ここに表現されているのは、まさに仏教的「無常感」。この世に存在するものすべては「常ならず」、移ろいゆく変化の相のもとにある。

信長もまたみずからの死期を悟っていたのか定かではないが、五十を待たずに死ぬこととなる。

「人間五十年 化天のうちを比ぶれば 夢幻の如くなり」を含む一節を引いておこう。出典は、「織田信長と「敦盛」 (wikipedia)。

思へばこの世は常の住み家にあらず
草葉に置く白露
水に宿る月よりなほあやし

金谷に花を詠じ
榮花は先立つて無常の風に誘はるる

南楼の月を弄ぶ輩も 
月に先立つて有為の雲にかくれり

人間(じんかん)五十年
化天(げてん)のうちを比ぶれば

夢幻(ゆめまぼろ
し)の如くなり

一度生を享け
滅せぬもののあるべきか
これを菩提の種と思ひ定めざらんは
口惜しかりき次第ぞ


これは『平家物語』でもきわめて有名なシーン、熊谷直実が(くまがい・なおざね)が出家して世をはかなむ中段後半の一節である。

直実は、自分の息子と同じ年頃の平家の若き公達(きんだち)敦盛(あつもり)の首を掻いたことを思い出して「無常」を感じ、法然上人のもとで出家して念仏三昧の生活に入った直情径行な武士であった。敦盛は17歳であった。直実は、関東に戻ったのち66歳で天寿を全うしている。


(永青文庫蔵『一の谷合戦図屏風』より: 振り向く敦盛 呼び止める直実 )


『敦盛』を舞った信長も当然のことながら、この故事を知ったうえでのことだったろう。乱暴者の代名詞のような印象を受ける信長だが、天才的な知性は豊かな教養にも支えられていたと考えるべきだろう。

「化天」(げてん)とは、栄華を誇った平家が滅亡していったことを指す。まさに盛者必衰の理(ことわり)である。信長もまた、その運命をたどることになる。

さて、五十年といえば半世紀。じつは本日はわたしの誕生日。本日(2012年12月6日)をもって50歳になる。

すでに「人生の正午」(C.G.ユング)は過ぎているが、これからの10年間がほんとうの勝負だと思い定めているところである。

10代の若者で美少年であった敦盛の年をはるかに過ぎ、そしてまた信長の野望を実現することもままならぬまま(笑)、「人間五十年」を過ぎようとしている。

こういうのは「馬齢重ねて」と嘆くべきことなのであろうか。それとも五十年も生きたことを祝すべきことであろうか。

「人間五十年 化天のうちを比ぶれば 夢幻の如くなり」。

まさに夢や幻のごとく五十年という月日は過ぎ去ったが、ますます流動化し激動化する時代のなか、信長のように太く短くではなく、これからも山あり谷ありであろうとも、"太く長く" 生きていきたいものだ。



PS. 奇しくも今年度200本目の記事となった。さすがに毎日一本はムリですが、マイペースで書き続けていきたいと思います。今後もよろしくお願いします!



<関連サイト>

熊谷直実は法然上人の弟子でもあった。浄土宗のウェブサイトを参照 


<ブログ内関連記事>

本日12月6日は「聖ニコラウスの日」

書評 『法然・愚に還る喜び-死を超えて生きる-』(町田宗鳳、NHKブックス、2010)

祝 新幹線開通から50年!-わが少年時代の愛読書 『スピード物語-夢をひらく技術-(ちくま少年図書館7)』(石山光秋、筑摩書房、1970)を紹介
・・新幹線は50歳を過ぎて、なお意気盛ん!!

(2015年1月13日 情報追加)




(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end