「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2013年1月20日日曜日

小倉千加子の 『松田聖子論』 の文庫版に「増補版」がでた-松田聖子が30年以上走り続けることのできる秘密はどこにあるのか?



小倉千加子氏の 『松田聖子論』 は、1987年に出版された単行本初版を読みましたが、じつに面白い本なので、いまでもとってあります(下の写真)。

松田聖子のデビューは、わたしが高校三年生だった1980年。つまり、大学時代を過ごした190年代前半はアイドルとしての松田聖子の全盛期だったわけで、熱烈なファンであった友人の影響もあって、彼女のデビュー以来30年以上のあいだ同世代としては気になってきた存在なわけなのです。

この本は、松田聖子登場以前、熱狂的ファンをもっていた山口百恵(・・現在は三浦百恵)との比較で、1980年に登場した松田聖子の意味をあきらかにした先駆的な名著だといっていいでしょう。二人のデビューの背景、衣装、歌詞、結婚観などが分析されています。

小倉千加子氏は、もともと性差の心理学で本も出している心理学者で、フェミニズムの論客ですが、大阪出身で芸能ネタ好き、テレビ好きという小倉千加子氏の論がさえています。


その増補版の文庫が新刊書として2012年に出ています。「増補」された章を立ち読みしてみましたが、なぜ50歳を過ぎて歯科医と再々婚したのかについての推測も書かれてます。

また、祖母・母・娘という三代にわたる東アジアの女系家族で読み解く視点も面白い。儒教が社会原理として浸透していない日本だけでなく、東シナ海周辺地域は基層的な文化は母系制なわけです。

松田聖子が30年以上にわたって走り続けることができる理由には、才能や努力だけでなく、さまざまなものがあるのですね。

「あとがき」にはこんなことが書かれています。

実は、この本はフェミニズムの本なのである。しかし、わかっている人ならもうわかっているように、この本はフェミニズムのパロディ本である。
性はもともと胡散臭いものだ。その性から出発したはずのフェミニズムが、胡散臭さを嗅ぎとる嗅覚を捨ててしまったら、フェミニズムはピューリタンたちの殿堂と化してしまうだろう。

まさにそのとおりですね。フェミニズムを敬遠したくなる人が少なくない理由が、ビシっと要約されてますね。フェミニズムにかぎらず、雑なるものこそ面白いという感性こそ大事ですね。同感です。

そんなことはさておき、松田聖子論としては言うまでもなく、1980年代の意味を考えるためにも読んで損のない一冊だと思いますよ。






目 次 

まえがき
第1章 二人のわがままな主婦
 不気味なエッセイ-『青色のタペストリー』
 対立する二人の聖子
 ブリッ子聖子の芝居っけ
 化粧に対する感情
 「魔」を眠らせた百恵
 大きな賭けのできる男性
 対照的な出産
第2章 青い果実の熟成-山口百恵の軌跡
 ズドンとそこに立っていた
 アイドルが認知された年
 スター誕生
 『青い果実』になる幸福
 『ひと夏の経験』-百恵の対抗同一性
 「愛する人」というブラックホール
 <せつなさ>か<不条理>か-『横須賀ストーリー』
 性欲を自覚した女-『イミテイション・ゴールド』
 女と男のバランス・オブ・パワー-『プレイバックPart2』
 悪女の帰郷-『秋桜』
 『いい日旅立ち』-終わっていく百恵
第3章 翼の生えたブーツ-松田聖子の正体
 「はい、何でも歌えます」
 たったひとつの空き部屋
 少女趣味の復活
 「風」と「街」の詩人・松本隆 
 風は日本的情緒を遠ざける
 フォークとロックの狭間で 
 「ぼくときみ」のラブ・ソング
 耳で聴く少女漫画の世界
 聖子は和製ロックの落とし子である
 百恵は農村、聖子は都市
 どこにもない場所
 気の弱い彼
 欲望するストイックな少女
 少年愛のメッセージ
 強引な男の劣等感
 近代家族の退屈
 「ママのようなつまらない生き方」
 システムとしての松田聖子
第4章 あなたに逢いたくて-33年目の松田聖子
 娘に依存する母親
 日本を背負った聖子
 AKB48と異なる点
 国民的歌手になる日
あとがき
文庫版あとがき

著者プロフィール

小倉千加子(おぐら・ちかこ)

1952年大阪府生まれ。評論家、心理学者。早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程修了。主要著書は『アイドル時代の神話』、『結婚の条件』、『女の人生すごろく』など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものに加筆)。


<ブログ内関連記事>

書評 『松田聖子と中森明菜-1980年代の革命-[増補版]』(中川右介、朝日文庫、2014)-1960年代生まれの世代による1980年代前半の「革命」の意味を説き明かした時代史


ジョン・レノン暗殺から30年、月日の立つのは早いものだ・・・(2010年12月8日)
・・ジョン・レノンが死んだのは1981年だった

「やってみなはれ」 と 「みとくんなはれ」 -いまの日本人に必要なのはこの精神なのとちゃうか?
・・サントリーは松田聖子の「Sweet Memory」をCMに採用した

ディズニーの新作アニメ映画 『アナと雪の女王』(2013)の「日本語吹き替え版」は「製品ローカリゼーション」の鑑(かがみ)!
・・日本語吹き替え版でアナの声を担当して歌っている神田沙也加は松田聖子の娘! ほんと声がアイドル時代の松田聖子にそっくり!!

(2014年5月11日、2015年8月26日 情報追加)





(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end