「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2013年11月10日日曜日

書評 『ヒトラーのウィーン』(中島義道、新潮社、2012)-独裁者ヒトラーにとっての「ウィーン愛憎」

(1938年のウィーン進駐で凱旋するヒトラー)

現在では偏屈で特異な哲学者として有名な(?)著者が語る「ヒトラーのウィーン愛憎」である。

わたしが著者の名前をはじめて知ったのは、いまから23年前に出版された『ウィーン愛憎-ヨーロッパ精神との格闘-』(中公新書、1990)という本だった。出版されてすぐ、アメリカに留学するまえに読んだ。はじめての海外生活を前に、参考となるものならなんでも読んでおきたいと思ったこともあったと思う。

『ウィーン愛憎』は、いつまでたっても目の出ない33歳の著者が、乾坤一擲(けんこんいってき)の思いで賭けたウィーン私費留学の記録をつづった読み物であった。22歳でさっさと就職したわたしから見れば、なんと遠回りの人生を送っている人かと思ったのは正直なところだが、観光客向けではない、ウィーンに生きる人々のナマの姿を知ることができたのは面白く感じたので内容のすみずみまで記憶にある。

その14年後に出版された『続・ウィーン愛憎-ヨーロッパ、家族、そして私-』(中公新書、2004)は、「その後いろいろありました」という内容の本であったが、アメリカで留学生活を送ったわたしも異文化体験していたので面白く感じられた。ヨーロッパで暮らす日本人の生態を知ることができる。

『ヒトラーのウィーン』は、ふたたび原点であるウィーンを追体験するために長期滞在中の著者が書いた「ウィーン愛憎」ものである。おなじく「ものになろう」と意気込んで上京しながらも挫折し、失意のうちにウィーンを去った青年ヒトラーを描いたものだ。いわば「ヒトラーのウィーン愛憎」といっていい。

ヒトラーが故郷のリンツからハプスブルク帝国の首都ウィーンに上京したのは1908年で19歳のとき。紆余曲折をへながらも1913年まで5年間そこで生き抜いた。時代はまさに「世紀末ウィーン」であったが、成功したユダヤ人が多かったブルジョワ階層や知識人にとってのウィーンは、住居環境の悪い社会の下層で生きていた浮浪者に近いヒトラーにってはまったく無縁の存在であったようだ。

著者はヒトラーが書いたものを読みこみながら、ヒトラーが記した足跡を、みずからも熟知しているウィーン各地にたどる。読者は本書の地図を参考に一緒に移動してみるといいと思う。わたしもウィーンは何回か訪れて歩き回ったので多少の土地勘はある。ヒトラーの青年時代を追体験できた。

けっして知的な人間ではなかったが、大都市ウィーンの底辺に近いところで生き抜いたヒトラーは、抜群の人間観察力を身に付けたようだ。どうやら自分でついたウソもそのまま信じ込んでしまう「平気でウソをつく人」であったようだが、その後もおよそ歴史上の独裁者らしからぬ潔癖性を維持し続ける。ヒトラーを特異視せず、等身大の若者として虚心坦懐にみつめようという著者の視線が好ましい

20世紀初頭のウィーンではユダヤ人嫌いは当たり前に存在したようだ。その版図のなかに多民族をかかえたハプスブルク帝国は、とくに首都ウィーンは多民族のふきだまりで、ヒトラーにとっては美しい風土の故郷とは似ても似つかぬ居住環境の悪さとともに、不快感の源泉となっていたのであろう。死ぬまで潔癖症であったヒトラーである。

本書は「ウィーン案内」として読むのもいい。

日本人好みのウィーンといえばウィーン西部のシェーンブルン宮殿がある。そのシェーンブルン宮殿前の公園で若きヒトラーが毎日かよって読書していたということを知ると、いろいろ想像してみたくなるものだ。

ただし、ヒトラーは「音楽の都ウィーン」にいながらオペラはワーグナーしか聴きに行かなかったという。まったくもって偏屈なること、著者と同じではないかと思うのはわたしだけではないだろう。

あまり肩の凝らない読み物として楽しむといいと思う。





目 次

はじめに
第1章 ウィーン西駅
第2章 シュトゥンペル通り三十一番地
第3章 造形美術アカデミー
第4章 シェーンブルン宮殿
第5章 国立歌劇場
第6章 ウィーン大学
第7章 国会議事堂
第8章 浮浪者収容所
第9章 独身者施設
第10章 リンツ
第11章 ブラウナウ
第12章 英雄広場
あとがき
主要参考文献一覧

著者プロフィール

中島義道(なかじま・よしみち)
1946年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ウィーン大学基礎総合学部哲学科修了。哲学博士。電気通信大学人間コミュニケーション学科教授の職を2009年3月に退官。専攻は時間論、自我論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)。


PS 2015年1月7日に、ちくま文庫より文庫化されます(2014年12月29日 記す)




著者のウィーン関連本は中公新書より2冊出版されています。






<ブログ内関連記事>

・・第一次大戦後の1923年から1925年までウィーンに留学した西洋史家・上原専禄

書評 『向う岸からの世界史-一つの四八年革命史論-』(良知力、ちくま学芸文庫、1993 単行本初版 1978)-「社会史」研究における記念碑的名著 ・・失敗に終わった「1848年革命」をウィーンを舞台に描く

「マリーアントワネットと東洋の貴婦人-キリスト教文化をつうじた東西の出会い-」(東洋文庫ミュージアム)にいってきた-カトリック殉教劇における細川ガラシャ
・・ハプスブルク家に生まれてフランス王室に嫁ぐまでウィーンで過ごしたマリー・アントワネット

マロニエはマロン(栗)にあらず
・・ウィーン南駅近くの公園で撮影したマロニエの実の写真

「生命と食」という切り口から、ルドルフ・シュタイナーについて考えてみる
・ウィーン南駅近くの公園で撮影したシュタイナー(1861~1925)を記念するプレートの写真


・・ナチスを払拭しなかったオーストリアの戦後を象徴する存在であったハイダー

映画 『黄金のアデーレ 名画の帰還』(アメリカ、2015年)をみてきた(2015年12月13日)-ウィーンとロサンゼルスが舞台の時空を超えたユダヤ人ファミリーの物語
・・裕福なユダヤ系ブルジョワジー一家の運命

書評 『未来の国ブラジル』(シュテファン・ツヴァイク、宮岡成次訳、河出書房新社、1993)-ハプスブルク神話という「過去」に生きた作家のブラジルという「未来」へのオマージュ
・・『昨日の世界』の追憶に生きたウィーン出身のユダヤ系作家シュテファン・ツヴァイクは、富裕なユダヤ系ブルジョアジー家庭の出身

書評 『知の巨人ドラッカー自伝』(ピーター・F.ドラッカー、牧野 洋訳・解説、日経ビジネス人文庫、2009 単行本初版 2005)
・・1909年ウィーンに生まれたドラッカーは、第一次大戦に敗戦し帝国が崩壊した都市ウィーンの状況に嫌気がさして17歳のとき(1926年)、商都ハンブルクに移る。そしてロンドンへ。ヨーロッパの旧世界は積極に捨て去り、新大陸の米国に新天地を見いだす。このことからも上記ツヴァイクの「ハプスブルク神話」が過去に生きる旧世代のものであることは歴然だ

(2016年9月20日 情報追加)



(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end