「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2015年10月7日水曜日

レトロ感あふれる筒型の丸い郵便ポスト-これもまた「昭和遺産」


しばらく前のことだが、テレビを見ていたら、東京都小平市がレトロな郵便ポストの残る町と紹介されていた。

むかし大学時代に4年間も小平市に住んでいたのに気がつかなかったのは、30年前の当時は丸ポストが当たり前だったからかもしれない。

テレビ番組の説明によれば、住民が希望を表明すれば、丸ポストのままでOKなのだとか。

時代を超えて生き残っているノスタルジーあふれる物体のことを、わたしは勝手に「昭和遺産」と呼んでいるのだが、筒型の丸い郵便ポストもまた 「昭和遺産」 でありますね。

たしかに、作業効率のことを考えたら、投入口が二つある現在の郵便ポストのほうがいいのだろう。投函する側からみても投入口が大きいほうが便利である。

見た目からいったら、色といい形といいカニのようなタイプが現在では主流だが、このカニスタイルの郵便ポストが導入されたのは、なんといまから53年前の1962年のことらしい。昭和37年の導入ということになるのでずいぶん前から、筒型ポストは消え始めていたということになる。

現在のスタイルも昭和時代の産物なのだが、レトロ感がないのは不思議だ。機能性だけが重視された世界標準のスタイルのためだろうか。

人間は見慣れているものは当たり前とみなしがちだ。健康と同様、失ってみてはじめてその価値に気づく。

写真は千葉県佐倉市で昨年(2014年)に撮影したもの。城下町佐倉にはふさわしい。








<関連サイト>

丸いポストのまち こだいら (小平市ウェブサイト)



<ブログ内関連記事>

「移動図書館」-これもまたぜひ後世に遺したい戦後日本の「昭和遺産」だ!

これがバキュームカーだ!-下水道が整備される以前の「昭和遺産」である

駅の伝言板-これもまた「昭和遺産」だ!

電気をつかわないシンプルな機械(マシン)は美しい-手動式ポンプをひさびさに発見して思うこと

『貨物列車のひみつ』(PHP研究所編、PHP、2013)は、貨物列車好きにはたまらないビジュアル本だ!
・・貨物列車の最後尾に連結する「車掌車」もまた、いまや見ることのない「昭和遺産」なのである。

子どもの歌 「こんめえ馬」は「戦後民主主義」が生んだきわめて良質な遺産




(2012年7月3日発売の拙著です)










Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end