「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2016年5月22日日曜日

クローバーはシロツメグサである-白い花が咲くこの季節、その意味がわかる


5月はクローバーの白い花が咲く季節。クローバーもまた、花が咲くことでその存在が目に入ってくる。

白い花が咲いているのをみると、クローバー=シロツメグサ、なんだなと確認することになる。「四葉のクローバー」という幸運のシンボルがすっかり定着している現在の日本では、クローバーといったほうがとおりがよいのだが、日本語としてはシロツメグサというべきなのだ。

シロツメグサは漢字で書けば「白詰草」となる。wikipediaによれば、「詰め草の名称は1846年 (弘化3年)にオランダから献上されたガラス製品の包装に緩衝材として詰められていたことに由来する」、とある。

花びらが爪切りで切った爪のようだから「白爪草」だというのだと思い込んでいたが、そうではないようだ。だが、上記の記述からは、詰め物として花もいっしょに入っていたのかどうかまではわからないが・・・。

いずれにせよクローバー=シロツメグサは、日本の在来種ではなく、ヨーロッパ原産の牧草である。クローバーというと、なんとなく北海道っぽい印象があるのはそのためだ。

ふだんはクローバー(clover)としていても、白い花の咲くこの季節にはシロツメグサという日本名を思い起こしたいものだ。





<ブログ内関連記事>

四つ葉のクローバーを生まれてはじめて発見!

どくだみの花が咲いたよ 白い白い花が咲いたよ




(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end