「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2020 禁無断転載!



2018年9月9日日曜日

船橋名産のホンビノス貝を食べる-白ワインの酒蒸しの場合、フタがあくまで「忍」の一字で!

(ホンビノス貝を白ワインの酒蒸しで 筆者撮影)

ひさびさに船橋名産のホンビノス貝を食べた。 

ホンビノス貝は北米原産。貨物船に付着したり、バラストとして使用されている水と一緒に東京湾に渡来したものらしい。つまり外来種というわけだ。ホンビノスなんていうと外国名みたいだが、じつは漢字で書くと本美之主貝。なんだ、日本語かよ、というネーミング。

最近は東京湾の船橋漁港でも国産のアサリの水揚げが減っているが、それに反比例して外来種で繁殖力の強いホンビノス貝の出荷が増加しているというわけだ。そして、ホンビノス貝は東京湾に面した船橋漁港のあらたな名産となった。



網焼きのバーベキューという手もあるが、家庭内で料理するには白ワインで酒蒸しするのがベターだろう。というわけで酒蒸しに。

ところが、ホンビノス貝は、貝殻が分厚くて、ものすごく重いのだ。そもそも形がハマグリに似ている。このため、おなじ二枚貝のアサリみたいに、あっという間にパカパカとフタがあいてくれるわけでない




意固地といえるくらい、フタがあくまですごく時間がかかるので、白ワインの量も想定よりも多めにしないといけない。そうでなければ、途中で注ぎ足さねばならない。ひたすら「忍」の一字でフタが開いてくれるのを待つのみ。正確な時間は計っていなかったが、5分くらいかかっているのではないか?



だが、身は肉厚でプリプリの食感で旨い! ハマグリみたいなもんだからね。食べ応えもある。とくに白ワインにはよくあう。 酒蒸しで食べるのもいいが、白ワインとニンニクと唐辛子で出したスープは、パスタにからめて食べるべきだったな、とちょっと後悔。

次回は、ホンビノス貝のパスタにしよう。千葉県外にも流通しているのかどうか知らないが、もし見かけたら一度は試してみることをお薦めしますよ。





<ブログ内関連記事>

8月最後の日に海を見に行く(2018年8月31日)-東京湾に残る貴重な浅瀬と干潟の船橋の三番瀬は「生物多様性」の宝庫

船橋漁港の「水神祭」に行ってきた(2010年4月3日)

"昭和ノスタルジー"な一夜・・・船橋漁港直送 「いわし料理 ふなっ子」にて

クラゲを英語で jellyfish というわけ-クラゲは円盤状で弾力性のある透明なゼラチン質のかたまり

ふなっしーにとって「非公認」こそ増殖する「ゆるキャラ」のなかでの "勲章" であり "差別化" ポイントだ




(2017年5月18日発売の拙著です)





(2012年7月3日発売の拙著です)









Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!







end