「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2019 禁無断転載!



2018年9月16日日曜日

山崎豊子の最後の小説であり遺著となった『約束の海』(2014年刊行)-未完の作品だが読む価値あり


山崎豊子の最後の小説であり遺著となった『約束の海』を読んだ(注*)。ちょうどいまから30年前の1988年、海上自衛隊の潜水艦と遊漁船が衝突して多くの犠牲者が出た「なだしお事件」をモデルにした小説だ。

主人公は28歳の潜水艦勤務の海上自衛隊士官等身大の主人公であるがゆえに読ませるものがある(しかも自分とは1歳違いだ)。構想段階では第三部まであったようだが、第一部が完成した段階で著者が亡くなった。そのために遺著となってしまったが、読み応えのある小説だった。

読んでいて思い出したが、30年前の「なだしお事件」での自衛隊バッシングは、それはもうひどいものだった時代背景は冷戦末期で、主人公たちは日本海でソ連の原子力潜水艦を追尾する任務を遂行している。小説の第一部はベルリンの壁が崩壊した時点で終わる。
   
著者は「あとがき」で、とりわけ取材に苦労したと書いているが、苦労しただけあって海上自衛隊の潜水艦と勤務にかんする記述のディテールが詳しい。それだけでも読む価値のある作品となっている。

ずいぶん昔のことだが、元大本営参謀でシベリア抑留から帰国後に伊藤忠会長にまでなった瀬島龍三をモデルにした大作『不毛地帯』がビジネスパーソン必読書(!)として推奨されていたので読んだことがあるが、もしかすると、この作品がそれにつぐものとなったかもしれないと思うと、残念な気がしないでもしないではない。

とはいえ、未完に終わった『約束の海』は、読んでいろんなことを考えさせる作品だ。一気に読んでしまった。


*2018年5月31日にFBに投稿したもの。加筆修正を加えた上で、ここに再録することにした。




<ブログ内関連記事>

『レッド・オクトーバーを追え!』のトム・クランシーが死去(2013年10月2日)-いまから21年前にMBAを取得したRPIの卒業スピーチはトム・クランシーだった

マンガ 『沈黙の艦隊』(かわぐちかいじ、講談社漫画文庫、1998) 全16巻 を一気読み

海上自衛隊・下総航空基地開設51周年記念行事にいってきた(2010年10月3日)



■日本の「海防」

書評 『平成海防論-国難は海からやってくる-』(富坂聰、新潮社、2009)-「平成の林子平」による警世の書

書評 『海洋国家日本の構想』(高坂正堯、中公クラシックス、2008)-国家ビジョンが不透明ないまこそ読むべき「現実主義者」による日本外交論

書評 『日本は世界4位の海洋大国』(山田吉彦、講談社+α新書、2010)-無尽蔵の富が埋蔵されている日本近海は国民の財産だ!


■「仮想敵国」はソ連から中国へ

書評 『尖閣を獲りに来る中国海軍の実力-自衛隊はいかに立ち向かうか-』(川村純彦 小学館101新書、2012)-軍事戦略の観点から尖閣問題を考える

書評 『海洋へ膨張する中国-強硬化する共産党と人民解放軍-』(飯田将史、角川SSC新書、2013)-事実を淡々と述べる本書で正確な認識をもつことが必要だ

書評 『語られざる中国の結末』(宮家邦彦、PHP新書、2013)-実務家出身の論客が考え抜いた悲観論でも希望的観測でもない複眼的な「ものの見方」




(2017年5月18日発売の拙著です)




(2012年7月3日発売の拙著です)


 






Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!






end