「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2010年10月5日火曜日

書評 『経営の教科書-社長が押さえておくべき30の基礎科目-』(新 将命、ダイヤモンド社、2009)-経営者が書いた「経営の教科書」




経営学者が書いた「経営学の教科書」ではない、経営者が書いた「経営の教科書」

 『経営の教科書』というシンプルなタイトルのとおり、まさに「経営の教科書」である。

 経営学者が書いた「経営学の教科書」ではない、20年以上にわたる外資系企業の経営者としての実践に裏打ちされた「経営の教科書」である。

 副題には、「社長が押さえておくべき30の基礎科目」とある。「経営の原理原則」が、著者自身の経験談をまじえて、30項目にわたって書き込まれている。

 どこからでも読めるようになっているが、まず一回は通読することをお薦めしたい経営者は「全体」を見わたさなければならないからだ。そのあとは、折に触れて項目ごとに拾い読みするのもいいだろう。

 私もまず一回通読してみたが、読むのにけっこう時間がかかってしまった。内容が難しいからではない、「経営の原理原則」に、経営者としての自らの行動を重ね合わせて、検証してみる作業が不可欠だからだ。その行為を抜きにしては、こういう本を読む意味はない。この本を読んだからといって経営ができるわけではないのは、経営があくまでも実践であるからだ。

 だからこそ、経営という実践行為に従事する者が読んで反省、三省する素材として、実に貴重な「経営の教科書」になっているのである。

 それにしても思うのは、「経営の原理原則」は、外資系企業であろうが日本の中堅中小企業であろうが変わらない、ということだ。これはただ単に日本人を束ねて経営するからだというだけでなく、経営とは人間を通して目的を実現する行為であるからだ。これは、洋の東西を問わず共通しているためだろう。もちろん、業種業界に関係なく共通している。

 ちまたによくある「MBAの教科書」も、厳しい言い方をすれば、あくまでも「経営学の教科書」であって、「経営の教科書」ではない。また、あくまでも個別の専門分野にかんする教科書である。

 全体をみわたさなければならない経営者にとっての「経営の原理原則」について語っているのは、経営者を経験した著者による本書のような本だけである。

 すでに経営者として活躍している人だけでなく、経営者を志している人が繰り返し読むべき「経営の教科書」として、強く薦めたい。


<初出情報>

■bk1書評「経営学者が書いた「経営学の教科書」ではない、経営者が書いた「経営の教科書」」投稿掲載(2010年6月23日)




目 次

会社をつぶしてはならない
第1章 厳しい環境だからこそ、語れる夢があるか
第2章 その夢は、社会にとって役立つものか
第3章 夢を語れるだけでなく、目標にして示せているか
第4章 目標を実行に移せているか
第5章 目標に向かってともに進める社員がいるか
第6章 心の通うコミュニケーションはとれているか
第7章 バトンを受け継ぐ者を育てているか


著者プロフィール

新 将命(あたらし・まさみ)

1936年東京生まれ。早稲田大学卒業後、シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスを含むグローバル・エクセレント・カンパニー6社で40数年にわたり社長職を3社、副社長職を1社経験。2003年より住友商事を含む数社のアドバイザリー・ボードメンバーを務める。長年の経験と実績をベースに経営者、経営幹部を対象に経営とリーダーシップに関する講演・セミナーを通じて国内外で「リーダー人財開発」の使命に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)


PS 読みやすくするために改行を増やした。写真を大判にし、<ブログ内関連記事>を加えた。  (2014年2月24日 記す)。



<ブログ内関連記事>

書評 『経営管理』(野中郁次郎、日経文庫、1985)-日本の経営学を世界レベルにした経営学者・野中郁次郎の知られざるロングセラーの名著

書評 『仕事ができる人の心得』(小山昇、阪急コミュニケーションズ、2001)-空理空論がいっさいない、著者の実践から生まれた「実践経営語録」

「ホリスティック」に考える-「医学」のアナロジーで「全体」を観る視点を身につける

「上から目線」が必要なときもある-リーダーや戦略家は全体を見わたすバーズアイという視点が必要だ!




(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!


 

end