「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2015年1月26日月曜日

「害に対して害で応じるな」と、ムハンマドは言った-『40のハディース-アッラーの使徒ムハンマドの言行録』より


ここのところ「イスラーム国による日本人人質」関連ニュースでよく登場するのが、日本最大のモスクである東京・ジャーミイ。代々木上原(渋谷区)にあります。トルコ文化センターでもあります。
  
イスラームの信者ではない「一般見学者」にも開かれているモスクですが、以前見学したときにもらったのが、この『40のハディース-アッラーの使徒ムハンマドの言行録』(・・上掲写真)。

『ハディース』(Hadith)の説明は以下のとおりです。『40のハディース』に掲載されている説明です。

ハディースとは預言者ムハンマドの言行を記録したもの。それは聖クルアーンを解説、補完するもので、預言者ムハンマドの死後、クルアーンとは別に編纂された。この "40のハディース" はその中から抜粋したものである。

まず『クルアーン』とは、日本で『コーラン』といっているものの正式名称。アラビア語で書かれており、翻訳はあくまでもその一解釈という位置づけです。

とくに注意していただきたいのは、ムハンマドは「預言者」であって「予言者」ではないこと。日本語としてはまぎらわしいですが、意味がまったく異なります。「預言者」(prophet)の「預言」とは、「預金」の「預」と同様に「預かる」という意味「預言者」とは、神のコトバを預かった人のことです。神のコトバはアラビア語で預かったので、『クルアーン』(=コーラン)もアラビア語なのです。

イスラームでは、先行する一神教としてユダヤ教のモーセやキリスト教のイエスも「預言者」として位置づけていますが、ムハンマドを「最後の預言者」としているのです。

預言者ムハンマドのことばとして、こんな文言が書かれています。「40のハディース」のなかから、さらに3つを抜粋して紹介します。

「人々に慈悲をかけない者にはアッラーも慈悲をかけないであろう」
「善へと導き示す者は、善を行ったようなものである」
「害を与えることも、害に対して害で応じることも禁じられている」

さて、どうでしょう? アラビア語で唯一神を意味するアッラーを除けば、伝統的な日本の倫理道徳とさほど変わりはないのではないでしょうか。生活全般を律する宗教の倫理的側面が表現されているといっていいのでしょう。

それぞれ『ハディース』における出典は以下のとおりです。

「人々に慈悲をかけない者にはアッラーも慈悲をかけないであろう」は、「ムスリム、フェダール66:ティルミズ、ブッル16」、 「善へと導き示す者は、善を行ったようなものである」は、「ティリミズ、イリム14」、 「害を与えることも、害に対して害で応じることも禁じられている」は、「イビンマージュ、アフカーム:ムヴァッターアクディヤ31」。

イスラーム過激派の人たちは、これらの預言者ムハンマドのコトバを自覚していないのでしょうか? ムスリム(=イスラーム教徒)ではないわたしも、そんなことを考えてしまいます。

最後にもう一つムハンマドのコトバを引用して締めくくっておきましょう。

「豊かさとは富の多さではない。豊かさとは心の満足(知足)によるものである」(ブハーリ、リカータ15)






<関連サイト>

東京ジャーミイ・トルコ文化センター(公式サイト 日本語)


<ブログ内関連記事>

「ナマステ・インディア2010」(代々木公園)にいってきた & 東京ジャーミイ(="代々木上原のモスク")見学記

書評 『日本のムスリム社会』(桜井啓子、ちくま新書、2003)-共通のアイデンティティによって結ばれた「見えないネットワーク」に生きる人たち
・・日本におけるムスリムとモスクにかんするフィールドワーク

日本のスシは 「ハラール」 である!-増大するムスリム(=イスラーム教徒)人口を考慮にいれる時代が来ている

本日よりイスラーム世界ではラマダーン(断食月)入り
・・『ハディース』についても、ややくわしく解説しておいた

書評 『緑の資本論』(中沢新一、ちくま学芸文庫、2009)-イスラーム経済思想の宗教的バックグラウンドに見いだした『緑の資本論』
・・イスラームの経済倫理について。「資本の自己増殖」を未然に防ぐ装置として、辣腕の商人であった預言者ムハンマド自身によってイスラームにビルトインされた「利子禁止思想」、この経済思想的な意味を考えることは「イスラーム金融」とは何かを考える上で必要であり、イスラームにとって経済とは何か、商行為とは何かを根本的に考える上で大いに参考になる」

『論語と算盤』(渋沢栄一、角川ソフィア文庫、2008 初版単行本 1916)は、タイトルに引きずられずに虚心坦懐に読んでみよう!
・・渋沢栄一の「義利一致」論は、ある意味ではイスラームの教えに近いという側面をもっているのではないだろうか?





(2012年7月3日発売の拙著です)










Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!




end