「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2015年10月6日火曜日

駅の伝言板-これもまた「昭和遺産」だ!


駅の伝言板。掲示板。メッセージボード。

携帯(電話)なんて便利なものがこの世に存在しなかった頃、 「●時まで待ってま~す」なんて白いチョークによる書き込みがあったものだが、 いまはまったくの空欄状態となっている。

ごくたまに、「定期の落し物があります」という 駅員の書き込みを見ることもあるが、書き込みがない状態が日常化している。もしかすると伝言板じたい目に留める人もいないのかもしれない。

掲示板というものは、もともと物理的な「板」であったのですぞ。いまはネット上の仮想の掲示板のほうが当たり前になってしまったような気もするのだが。

時代を超えて生き残っているノスタルジーあふれる物体のことを、わたしは勝手に「昭和遺産」と呼んでいるのだが、駅の伝言板もまた 「昭和遺産」 でありますなあ。

伝言板そのものはオフィス内では現在でも使用されているが、公共スペースの駅では物体としては設置されているものの、使用されている痕跡はない。

はたして、いつまで生き残るのだろうか・・・







<ブログ内関連記事>

「移動図書館」-これもまたぜひ後世に遺したい戦後日本の「昭和遺産」だ!

これがバキュームカーだ!-下水道が整備される以前の「昭和遺産」である

電気をつかわないシンプルな機械(マシン)は美しい-手動式ポンプをひさびさに発見して思うこと

『貨物列車のひみつ』(PHP研究所編、PHP、2013)は、貨物列車好きにはたまらないビジュアル本だ!
・・貨物列車の最後尾に連結する「車掌車」もまた、いまや見ることのない「昭和遺産」なのである。

子どもの歌 「こんめえ馬」は「戦後民主主義」が生んだきわめて良質な遺産




(2012年7月3日発売の拙著です)










Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end