「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2015年12月2日水曜日

「春画展」(永青文庫)にいってきた(2015年12月2日)-公共スペースでの展示に風穴をあけた意義は大きいのだが・・・

(「春画展」ポスター この思わせぶりな表現方法はさすが!)

東京・目白で開催中の「春画展」にいってきた(2015年12月2日)。浮世絵春画の一大展示会である。18歳以下入場禁止の「R18」指定となっている。会期は、9月19日から12月23日まで。

平日の午前中にいってみたが、思ったとおり来場者が多かった。話題先行のためもあろう、来場者は時間的に余裕があると思われる中高年男女が多かった。

大英博物館で日英交流400年を記念して2013年に開催された SHUNGA の里帰り巡回展である。大英博物館ででは4ヶ月の会期中に来場者が9万人あったという。このニュースは日本でもリアルタイムで報じられていた。

だが、日本での開催には紆余曲折があり、実現までなんと3年もかかったという、いわくつきの美術展だ。最終的に開催を受け入れたのが、今回の会場となった「永青文庫」である。細川家に伝来する歴史資料や美術品を所蔵している。

日本の美術館は軒並み会場提供を断ったという。ワイセツ図画として警察に摘発されるのを恐れたのか、世間からの批判を恐れたのか、その臆病ぶりがじつに情けない。その意味でも「永青文庫」の英断が光っているわけだが、さすがに芸術眼に富んだ元首相で細川家当主の細川護煕(ほそかわ・もりひろ)氏が責任者であることの意味合いは大きいだろう。その心意気やよし、といったところである。

(「春画展」の売店=ミュージアムショップ 筆者撮影)

「春画展」の感想を一言でいってしまえば、正直いって人が多すぎるのでウンザリという点につきる。浮世絵はサイズが小さいので、美術展での鑑賞には適していない。テーマがテーマであるが、よっぽどそばに寄って見ないとディテールがわからない。人が多いとじっくり見ることができないのだ。会場には拡大図の展示はなく、その点での配慮がなかった。

国内の美術館でも、むかしから「春画」が展示されている。いまから30年以上前のことだが、わたしは、とある西日本の地方美術館で展示品の一角として見たことがある。展示品は、局部と結合部が紙で隠されていたが、隠し方が下手で浮いているのでディテールまで全部見ることができた。来館者はわたし一人しかいない状態だったので思う存分鑑賞できたわけである。

たしかに、「春画」だけを展示した企画展というのは日本では初めての試みだろう。その意味では画期的なものである。

とはいえ、「春画」はそもそも「枕絵」だし、「あぶな絵」なのだから、たとえ性に対しておおらかだった江戸時代とはいえ、あくまでもプライベートユースを目的として製作・販売されていたものだ。「秘画」という表現もある。だから、美術館で見るのは、なんだかなあという気がしなくもない。かの宮沢賢治が密かに「春画」をコレクションして楽しんでいたことが遺品からわかった、というのは有名なエピソードである。

可能であれば古美術商などでホンモノを見るのがよいのだろうが、なかなかそうもいかないであろうから、「春画」をテーマとした出版物などで見るのがいいのではないか。「春画」はすでに出版物でも全面的に解禁されているのである。黒塗り箇所など存在しない。インターネット上にも画像はいくらでも「流出」している。「春画」なり、「shunga」で検索してみたらいい。

ホンモノを公共スペースで展示した今回の「春画展」は、風穴をあけたという点においては意義あるものであったと評価するべきといえるだろう。世の中に存在する見えない「空気」の流れを変えるキッカケとなったという点において。

だが、それ以上の意味があったかといえば、微妙なところである。これが正直な感想だ。









<関連サイト>

春画展特別サイト(永青文庫)

銀座「春画」展(銀座・永井画廊)
・・会期は、2015年9月20日~12月23日。こちらのほうが内容的にみて、よさそうだ。会場のアクセスもあるのだろうが、若い女性の来場者が圧倒的だという報道記事がある。





<ブログ内関連記事>

「かなまら祭」にいってきた(2010年4月4日)-これまた JAPANs(複数形の日本)の一つである
・・巨大な男根をもって練り歩く奇祭

「没後150年 歌川国芳展」(六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリー)にいってきた-KUNIYOSHI はほんとうにスゴイ!

両国回向院(東京)で戦後はじめて開催された「善光寺出開帳」にいってきた(2013年5月4日)+「鳥居清長名品展」(特別開催)




(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end