「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2020 禁無断転載!



2020年1月22日水曜日

「シュクメルリ定食」を初めて食べてみた-ジョージア(=グルジア)という国がぐっと近くなる!


松屋の新メニューとして登場した「シュクメルリ定食」を初めて食べてみた。2020年1月14日から全国の松屋でメニュー化、との情報をFBでキャッチしたので。

「シュクメルリ」とはじつに発音しにくいが、ジョージア料理(=グルジア料理)だという。一言でいえば鶏肉料理の1つだ。ニンニクとチーズがたっぷり溶け込んだホワイトシチューに鶏肉とさつまいもがたっぷり。これが鍋料理として、ご飯と味噌汁、サラダのセットで 790円なり。



いやあ、じつにご飯に合うねえ。味噌汁と一緒というのも、味わいとしてまったく違和感がない「ハンバーグ定食」は松屋ではすでに定番メニュとういうこともあるだろう。まったく違和感がないのが不思議だ。今夜みたいに寒い日にはありがたいメニューだ。

ジョージアはコーカサス(=カフカース)の小国。ワイン発祥の地。だから、本来はパンと一緒に赤ワインとというところだろう。グルジア料理は、かつてモスクワで食べたことがある。もちろんグルジアワインも一緒に。だが、シュクメルリは食べた記憶はない。家庭料理なのだろうか。


本場のシュクメルリ Wikipediaより)

この料理を、エスニック料理メニューから発見して、定食メニューに仕立て上げたチャレンジ精神と手腕がスゴいと大いに感心。商品開発という点でも大いに注目だ。エスニック料理を日本流にローカライズするにあたって、料理材料としてさつまいもを選択したというのも興味深い。

牛丼屋がルーツのファストフードのチェーン店でも、牛丼の吉野家のように牛丼に「特化」するか、松屋のように多彩なメニュー展開で総合ファストフード化を目指すか、道は2つに1つだが、消費者としては個人的に松屋路線を支持したい。







<ブログ内関連記事>

ブランデーで有名なアルメニアはコーカサスのキリスト教国-「2014年ソチ冬季オリンピック」を機会に知っておこう!

『檀流クッキング』(檀一雄、中公文庫、1975 単行本初版 1970 現在は文庫が改版で 2002) もまた明確な思想のある料理本だ


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!









end