「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2020 禁無断転載!



2020年1月9日木曜日

「ハーメルンの笛吹き男」は「ネズミ獲り男」(Rattenfänger)だった-2020年のいま、1974年に初版が出た『ハーメルンの笛吹き男』(阿部謹也)のブーム再燃がうれしい


いまは亡きわが恩師・阿部謹也先生の代表作が『ハーメルンの笛吹き男』(初版単行本は1974年)。いま再び、ちくま文庫版(1988年)でブーム再燃しているという。うれしいことだ!

はじめて読んだのは、大学1年の18歳のときだった。ずいぶん昔のことだ。その当時はまだ平凡社から出ていた単行本だったが、当時も大いに話題になっていた本である。


(現存する最古(1592年)の笛吹き男の絵画  Wikipediaより)

「ハーメルンの笛吹き男」は英語の Pied Piper of Hamelin の日本語訳である。本家本元のドイツでは、ドイツ語で Rattenfänger von Hameln という。「ハーメルンのネズミ獲り男」である。


(ネズミ獲り男のリトグラフ(1902年) Wikipediaドイツ語版)

「高名なネズミ獲り男」という触れ込みでハーメルンに登場した異人は、実際にネズミ獲りで実績を示したあと、笛につられて集まってきた子どもたちを連れてそのまま忽然と姿を消し、子どもたちは行方不明となってしまう。それがミステリーの発端となる。1284年6月26日のことであった。


(ハーメルンで観光用に再現されている笛吹き男(2009年) Wikipediaドイツ語版)

内容は出版社の宣伝にまかせよう。歴史学というよりもミステリー、歴史ミステリーというべきか。ある種の謎解き。手堅い史料分析を基礎にした、巧みなストーリーテリング。こんな面白い歴史書は、そうざらにない。



おそらく、こんな本は、著者にとっても一生に一冊、書けるか書けないかわからないといった類いのものだろう。もちろん、私にも書けそうもない。

先日、丸善に行ったら、こんな感じで陳列されていた(写真)のには、大いに驚かされた。阿部先生が亡くなってからすでに14年。月日がたつのは早いが、こうやってブームが再燃することで、それ以外の著作への関心が拡がってくれるといいなあと、不肖の弟子の一人として切に願う。





<ブログ内関連記事>

16世紀初頭のドイツが生んだ 『ティル・オイレンシュピーゲル』-エープリルフールといえば道化(フール)④

書評 『アフガニスタンの診療所から』(ちくま文庫、2005 単行本初版 1993)「支援」とはなにか、「人を助ける」とはどういうことか考えるために、ぜひ読むことを薦めたい
・・文庫版の解説を阿部謹也先生が執筆されている

書評 『新・学問のすすめ-人と人間の学びかた-』(阿部謹也・日高敏隆、青土社、2014)-自分自身の問題関心から出発した「学び」は「文理融合」になる

書評 『向う岸からの世界史-一つの四八年革命史論-』(良知力、ちくま学芸文庫、1993 単行本初版 1978)-「社会史」研究における記念碑的名著
・・「社会史研究」の盟友であった良知力教授の主著

書評 『見える日本 見えない日本-養老孟司対談集-』(養老孟司、清流出版、2003)- 「世間」 という日本人を縛っている人間関係もまた「見えない日本」の一つである
・・対談者の1人が阿部謹也先生

書評 『「空気」と「世間」』(鴻上尚史、講談社現代新書、2009)-日本人を無意識のうちに支配する「見えざる2つのチカラ」。日本人は 「空気」 と 「世間」 にどう対応して生きるべきか?


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)

 





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!









end