「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2010年1月10日日曜日

本の紹介 『男はなぜ化粧をしたがるのか』(前田和男、集英社新書、2009) 




タイトルは大げさだが、雑学のためには目をとしておいて損はない一冊

 『男はなぜ化粧をしたがるのか』というタイトルだが、この本にはその解答は期待してはいけない。むしろ、「日本の男は有史以来、いかに化粧をしてきたか」というのが正確な内容だ。

 また、「男のおしゃれの作法が変わると、歴史が変わる」という帯のコピーも因果関係は正しくない。 実態は、「時代の変わり目には、おとこのおしゃれの作法が変わっていた」というべきだろう。

 ちょっと辛口な評価をしたが、雑学目的で目を通しておいて損はない一冊といっていい。 世間では、「最近の若者は・・・」とよくいうが、現代の日本男子はただ単に先祖返りしてるだけということがよくわかる。

 メークにヒゲ、そしてヘアスタイルに見る、日本男子のおしゃれの歴史。 時代時代のエピソードが面白い。


<初出情報>

■bk1書評「タイトルは大げさだが、雑学のためには目をとしておいて損はない一冊」投稿掲載(2010年1月3日)